内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 柔道の海老沼と中村が銅
2016-08-08 Mon 16:15
 現在開催中のリオデジャネイロ五輪3日目(現地時間7日)は、柔道男子66kg 級海老沼匡と女子52kg 級の中村美里がともに銅メダルを獲得しました。 というわけで、きょうは柔道の切手の中からこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      ブラジル・柔道(1976)

 これは、1976年のモントリオール五輪に際してブラジルが発行した記念切手の1枚で、柔道が描かれています。リオ五輪開催国のブラジルでも柔道の切手は何度か発行されていますが、今回ご紹介の切手はその最初の1枚です。

 ブラジルにおける日系社会の歴史は1908年6月の笠戸丸移民から始まりますが、すでにこの時の移民の中にも小中学校で柔道を学んだ人が少なからずおり、移民とともに自然発生的に柔道がブラジルに持ち込まれることになりました。また、1908年12月には、香港からブラジル海軍のベンジャミン・コンスタント号に乗船した三浦鑿が船内で柔道を教えたのがきっかけで、リオの海軍兵学校で柔道を教えることになったとの記録も残されています。

 一方、1906年、講道館は柔道の国際的な普及のため柔道使節団を米国に派遣していましたが、その一員であった前田光世五段は、使節団の帰国後も米国にとどまり、米国人に本物の柔道を見せることで柔道の実践における有効性を宣伝すべく、新聞に広告を出し、積極的に公開試合を行っていました。しかし、普及活動の成果があがらなかったことから、前田は米国に見切りをつけて、1907年に渡英。さらに欧州大陸に渡って、ベルギーやフランス、スペインなどを行脚した後、キューバ、メキシコ、グァテマラ、パナマ、ペルー、ボリヴィア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイを経て、1914年、サントス港からブラジルに上陸。しばらくリオの海軍兵学校で柔道を教えた後、翌1915年には北上してアマゾン河口の都市ベレンに到着し、以後、この地に定着することになりました。

 ベレンでの前田は、飛び入りで“アマゾン1の勇者”を決めるレスリング大会に参加して優勝。その強さと礼儀正しい振る舞いでベレン市民に感銘を与え、警察や兵学校で柔道を教える傍ら、道場を開設し、1922年、40歳で格闘家として引退するまで、多くの門弟を育てました。

 その後、1924年には大河内辰夫四段がサンパウロに移住し、大河内製薬会社を立ち上げたほか、1928年にはパリ五輪でレスリング選手として銅メダルを獲得した内藤克俊三段が農業技師としてアマゾンに入植。彼らは、サンパウロ近郊の柔道関係者の取りまとめに尽力し、その後の日系人柔道を隆盛に導くことになります。

 また、1930年代に入ると、前田光世の教えを受けたグレイシー家のエリオが、柔道にレスリングなどの技を組み合わせた柔術をさらに改良し、誰にでも使いこなせる技術体系として“グレイシー柔術”を生み出します。グレイシー柔術の祖としてのエリオは、1930年代から、“何でもアリ”を意味する総合格闘技のバーリトゥードに参戦し、日系人柔道家を次々に破るなど、約20年間無敗を誇り、ブラジル格闘界に君臨する存在となりました。1951年、サンパウロの新聞社の招待で来伯した木村政彦と戦ったマラカナン競技場での試合は、柔道史上最強と謳われていた木村が大外刈からのキムラロック(腕がらみ)を極め、エリオの腕の骨を折るという“マラカナンの屈辱”として、格闘技史上の重大事件とされています。

 なお、“マラカナンの屈辱”の詳しい経緯については、拙著『リオデジャネイロ歴史紀行』でもご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。


★★★ 内藤陽介の最新刊 『リオデジャネイロ歴史紀行』 好評発売中!★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ブラジル:軍事政権時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 体操男子団体総合で金 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  萩野、個人メドレーで金>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/