内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 体操・跳馬で白井が銅
2016-08-16 Tue 12:53
 リオデジャネイロ五輪11日目(現地時間15日)は、体操・男子種目別の跳馬で白井健三が銅メダルを獲得しました。日本男子の跳馬のメダル獲得は、1984年のロサンゼルス大会で銀メダルの森末慎二と具志堅幸司(同点で4人が銀メダルでした)以来、32年ぶりのことです。というわけで、 きょうはこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      モナコ・ヘルシンキ五輪(跳馬)

 これは、1953年2月23日にモナコが発行したヘルシンキ五輪参加の記念切手のうち、跳馬を描いた1枚です。今回ご紹介の切手に見られるように、かつての跳馬は鞍馬の把手を取ったような形状をしており、手前側が低く、あごが下がったような現在の跳馬とは形状が異なっています。

 ヘルシンキでの夏季五輪の開催は、もともとは、いわゆる日中戦争(支那事変)の影響で返上となった東京大会の代替として1940年に開催の予定でしたが、1939年に第二次大戦が勃発したためにこちらも中止となり、12年後の1952年に開催されたという経緯があります。ただし、夏季五輪については、開催されなかった年も回次をつけて“みなし開催”の扱いになっているため、記録上は、1952年のヘルシンキ五輪は同地での2度目の開催ということになっています。

 なお、ヘルシンキ五輪の会期は1952年7月19日から8月3日までで、今回ご紹介の切手を発行したモナコも選手団を派遣しています。その4年前のロンドン五輪(1948年)の際には、7月29日からの会期に先立ち、モナコは同年7月1日に五輪参加の記念切手を発行しているのですが、ヘルシンキ大会に際しては、なぜ、記念切手の発行が大会終了から半年近くも遅れたのか、その理由は調べきれませんでした。

 一方、わが国にとっては、ヘルシンキ五輪は、第二次世界大戦後初(16年ぶり)の夏季五輪の参加となりました。また、同大会は日本の体操選手がメダルを獲得した最初のオリンピックで、現在の床に相当する徒手で上迫忠夫が銀、跳馬で竹本正男が銀、上迫忠夫と小野喬が銅のメダルを獲得しています。ちなみに、当時21歳で銅メダルを獲得した小野は、後に、“鬼に金棒、小野に鉄棒”と呼ばれることになりますが、彼が鉄棒で五輪メダルを得たのは、ヘルシンキから4年後、1956年のメルボルン大会での金が最初のことでした。
 

★★★ 内藤陽介の最新刊 『リオデジャネイロ歴史紀行』 好評発売中!★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | モナコ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 卓球・女子団体で銅 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  テニスの錦織が銅>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/