内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 UAE成立以前の郵便と社会
2016-09-12 Mon 18:10
 ご報告が遅くなりましたが、日本アラブ首長国連邦協会の機関誌『UAE』第60号(2016年夏号)が発行されました。同誌には第59号に寄稿した「UAE成立以前の郵便と社会(1964年まで)」の続編として、主として、1963年以降、各首長国が独自の切手(いわゆるアラブ土侯国切手)を発行するようになった経緯について、まとめてみました。その記事の中から、こんなモノをご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ウンムルカイワイン・未発行

 これは、1960年、英国の東アラビア郵便庁が準備したものの、実質的に不発行に終わったとされるウンムルカイワイン加刷の切手です。
 
 ガルフ・ルピーの流通圏として、休戦協定諸国(現在のUAEの領域にほぼ相当)の郵便事業を管轄していた英国東アラビア郵便庁は、ドバイ以外への郵便網の拡大を計画し、1960年、ウンムルカイワイン、アジュマーン、フジャイラの3地域について、当時の英本国切手に現地通貨の額面と地名を加刷した切手を準備しました。

 しかし、最終的に、東アラビア郵便庁は1961年1月に域内共通の切手を発行し、これを休戦協定諸国全域で流通させることになったため、これらの加刷切手は発行されずに終わっています。ただし、連絡の不徹底から、これらの加刷切手は、ドバイの郵便局で誤って1日だけ販売された後、即日、発売停止とされました。

 なお、ウンムルカイワインのラテン文字表記については、現地でもさまざまな揺れがあるのですが、この加刷切手では、“UMM AL QAIWAIN”となっています。

 さて、東アラビア郵便庁が発行した休戦協定諸国共通切手については、アブダビが「切手に描かれたナツメヤシの大きさに大小があるのは、休戦協定諸国間の平等という原則に反している」として切手のデザインにクレームをつけたことから、結局、ドバイでしか使われずに終わり、1963年から1964年にかけて、各首長国が独自の切手を発行していくことになります。

 今回の記事では、こうしてアラブ土侯国切手の時代が始まり、1966年に通貨改革が行われるまでの話をまとめてみました。機会がありましたら、ぜひ、お手にとってご覧いただけると幸いです。
 
 
★★★ トークイヴェントのご案内 ★★★

 拙著『リオデジャネイロ歴史紀行』の刊行を記念して、東京・青山の駐日ブラジル大使館で下記の通り、トークイヴェントを開催いたします。ぜひ、ご参加ください。

 ・日時 2016年9月23日(金)18:00~20:00(17:30受付開始)
 ・会場 駐日ブラジル大使館 セミナー・ルーム
  〒107-8633 東京都港区北青山2丁目11-12 (地図はこちらをご覧ください)
 ・参加費 無料
 ・定員 30名(申込多数の場合は先着順)

  * 9月16日(金)までに、お名前・ご連絡先・ご所属を明記の上、電子メール、ファックス等で下記宛にお申し込みください。(お送りいただいた個人情報は、大使館へ提出する以外の目的には使用しません)
  申込先 えにし書房(担当・塚田)
  〒102-0074 千代田区九段南2-2-7-北の丸ビル3F
  Tel. 03-6261-4369 Fax. 03-6261-4379
  電子メール info★enishishobo.co.jp (スパム防止のため、★の部分を半角@に変えてご送信ください)

 なお、トークヴェベント終了後、20:30より近隣のブラジルレストラン「イグアス」にて懇親会を予定しております。(イグアスの地図はhttp://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13048055/ をご覧ください) 
 会費は、『リオデジャネイロ歴史紀行』1冊の代金込みで6500円(書籍不要の場合は5000円)の予定です。参加ご希望の方は、トークイベントお申し込みの際に、その旨、お書き添えください。なお、懇親会のみの御参加も歓迎いたします。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ウンムルカイワイン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 韓国・慶州付近で地震 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  カープが25年ぶりの優勝>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/