内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 韓国・慶州付近で地震
2016-09-13 Tue 12:57
 きのう(12日)、韓国南東部の慶州市付近で19時40分ごろにマグニチュード(M)5.1、20時30分ごろにM5.8の地震が相次いで発生。このうち、M5.8規模の地震は韓国の観測史上最大規模のもので、世界遺産の仏国寺で一部施設の瓦が脱落したほか、石窟庵の一部で落石があったほか、釜山などでも大きな揺れが観測されたそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      韓国・仏国寺(1997)

 これは、1997年12月9日に発行された“韓国の世界遺産”シリーズのうち、慶州の仏国寺を取り上げた1枚です。
 
 仏国寺の創建については諸説ありますが、元になった寺院は、528年に法興王の母、迎帝夫人の発願によって建設されたとされています。現在の伽藍は、751年、宰相の金大城が父母のために建立をはじめ、774年に完成しました。 最盛期の8世紀には境内には約60棟の木造建築がありましたが、朝鮮王朝時代の1407年以降、仏教弾圧により廃寺となりました。その後、日本統治時代に復興が始まり、1968年の発掘調査を経て、1973年、無説殿、観音殿などが再建されました。

 切手に取り上げられているのは本殿にあたる大雄殿正面の紫霞門と門にいたる白雲橋です。

 紫霞門にいたる石橋は2段構成になっており、上段の16段が白雲橋、下段の17段が青雲橋と呼ばれています。実態は階段であるにもかかわらず“橋”と呼ばれているのは、紫霞門を越えて釈迦如来の彼岸世界に渡ることを表現したもので、合計33段という段数は、33という数字が仏教では「未だ仏の境地に達せず」との意味であることにちなむものです。韓国最古の橋の一つとして、国宝23号に指定されています。

 なお、仏国寺は、1995年、近隣の慶州石窟庵とともに、“石窟庵と仏国寺”として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されましたが、瞻星台をはじめとする周辺の遺跡・遺物は、2000年、これとは別に“慶州歴史地域”として世界遺産(文化遺産)に登録されました。

 ちなみに、慶州の遺跡や遺物は、米軍政下の南朝鮮や建国後間もない韓国切手にもいろいろと取り上げられていますが、拙著『朝鮮戦争』では、その政治的・社会的背景についてもご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。
 
 
★★★ トークイヴェントのご案内 ★★★

 拙著『リオデジャネイロ歴史紀行』の刊行を記念して、東京・青山の駐日ブラジル大使館で下記の通り、トークイヴェントを開催いたします。ぜひ、ご参加ください。

 ・日時 2016年9月23日(金)18:00~20:00(17:30受付開始)
 ・会場 駐日ブラジル大使館 セミナー・ルーム
  〒107-8633 東京都港区北青山2丁目11-12 (地図はこちらをご覧ください)
 ・参加費 無料
 ・定員 30名(申込多数の場合は先着順)

  * 9月16日(金)までに、お名前・ご連絡先・ご所属を明記の上、電子メール、ファックス等で下記宛にお申し込みください。(お送りいただいた個人情報は、大使館へ提出する以外の目的には使用しません)
  申込先 えにし書房(担当・塚田)
  〒102-0074 千代田区九段南2-2-7-北の丸ビル3F
  Tel. 03-6261-4369 Fax. 03-6261-4379
  電子メール info★enishishobo.co.jp (スパム防止のため、★の部分を半角@に変えてご送信ください)

 なお、トークヴェベント終了後、20:30より近隣のブラジルレストラン「イグアス」にて懇親会を予定しております。(イグアスの地図はhttp://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13048055/ をご覧ください) 
 会費は、『リオデジャネイロ歴史紀行』1冊の代金込みで6500円(書籍不要の場合は5000円)の予定です。参加ご希望の方は、トークイベントお申し込みの際に、その旨、お書き添えください。なお、懇親会のみの御参加も歓迎いたします。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 韓国:金泳三時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ダリのマリアンヌ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  UAE成立以前の郵便と社会>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/