内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 <CHINA 2016>出品作品決定
2016-09-16 Fri 10:43
      中国・劉三姐(昇天)

 本年12月2日から6日まで、中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市において、アジア国際切手展<CHINA 2016>が開催されます。僕はその日本コミッショナーを仰せつかっていますが、日本からの出品作品は以下のように決定したとの連絡が主催者側から入りましたので、速報としてお伝えいたします。(以下、リストは出品者名は日本語表記・敬称略、文献を除く作品名は英文でリスト記載のとおりです。ただし、今後、出品者ご本人から先方のリストの誤記などのご指摘があった場合には、修正します)

 ・井上和幸 Japan Definitives 1883-1892
 ・須谷信宏 Japan Definitives: Vocational Series
 ・有吉伸人 Napoléon non Lauré-FRANCE1852-1862
 ・小林莞爾 Swiss Definitive Stamps (1854-82)
 ・井上和幸 Postal History of NIUAFOOU and Tin Can Mail 1882-1947
 ・伊藤純英 Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1875-1905
 (以下、文献)
 ・(公財)日本郵趣協会 『年賀郵便 ―年賀状と切手の歴史―』
 ・正田幸弘 『国際展物語 1965-2004』
 ・(公財)日本郵趣協会 『ビジュアル日本切手カタログ』 1-4

 ちなみに、冒頭の画像は、チワン族の代表的な民話である『劉三姐』を取り上げた2012年の中国切手です。

 『劉三姐』は、劉家の3番目の娘という意味です。主人公の劉三姐は、山歌(男女の集いの場で即興的に交わされる一種の相聞歌)の名手で機知に富んだ美女。金持ちの老人が彼女を妾にしようとするものの、意中の相手がある彼女はこれを拒んでいましたが、老人の金に目がくらんだ彼女の兄は彼女に執拗に妾になることを要求しました。しかし、彼女は頑として老人の要求を拒んだため、怒った兄は彼女を谷底に突き落として殺してしまいます。(追い詰められた彼女が自ら身投げするヴァージョンもあります)その後、彼女は水底から魚に乗って昇天して天女となり、村人を守り続けました。

 今回ご紹介の切手に取り上げられているのは、物語の最後で、劉三姐が緋鯉に乗って昇天する場面が取り上げられています。展覧会本番では、日本からの出品作品の評価が“昇天”するようにとの願いを込めて持ってきました。出品者の皆様の御健闘をお祈りしております。

 * 昨日、アクセスカウンターが170万PVを超えました。いつも閲覧していただいている皆様には、あらためてお礼申し上げます。
 

★★★ トークイヴェントのご案内 ★★★

 拙著『リオデジャネイロ歴史紀行』の刊行を記念して、東京・青山の駐日ブラジル大使館で下記の通り、トークイヴェントを開催いたします。ぜひ、ご参加ください。

 ・日時 2016年9月23日(金)18:00~20:00(17:30受付開始)
 ・会場 駐日ブラジル大使館 セミナー・ルーム
  〒107-8633 東京都港区北青山2丁目11-12 (地図はこちらをご覧ください)
 ・参加費 無料
 ・定員 30名(申込多数の場合は先着順)

  * 9月19日(月)までに、お名前・ご連絡先・ご所属を明記の上、電子メール、ファックス等で下記宛にお申し込みください。(お送りいただいた個人情報は、大使館へ提出する以外の目的には使用しません)
  申込先 えにし書房(担当・塚田)
  〒102-0074 千代田区九段南2-2-7-北の丸ビル3F
  Tel. 03-6261-4369 Fax. 03-6261-4379
  電子メール info★enishishobo.co.jp (スパム防止のため、★の部分を半角@に変えてご送信ください)

 なお、トークヴェベント終了後、20:30より近隣のブラジルレストラン「イグアス」にて懇親会を予定しております。(イグアスの地図はhttp://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13048055/ をご覧ください) 
 会費は、『リオデジャネイロ歴史紀行』1冊の代金込みで6500円(書籍不要の場合は5000円)の予定です。参加ご希望の方は、トークイベントお申し込みの際に、その旨、お書き添えください。なお、懇親会のみの御参加も歓迎いたします。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 中国:胡錦濤時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:ラオス | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  サントス=ドゥモンとアポロ11号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/