内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界遺産破壊の過激派に判決
2016-09-28 Wed 10:47
 2012年にマリ北部の世界遺産都市・トンブクトゥの文化遺産の破壊を主導したとして戦争犯罪の罪に問われていたイスラム過激派組織、アンサール・ディーンの元指導者アフマド・ファキ・マフディ被告に対し、きのう(27日)、国際刑事裁判所は禁錮9年の判決を言い渡しました。文化財の破壊が戦争犯罪として裁かれたのは初めてのことです。というわけで、きょうはこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      トンブクトゥ・シディヤフヤーモスク(1914)

 これは、現在のマリ共和国が仏領オート・セネガル・ニジェールだった時代の1914年、トンブクトゥから差し出された絵葉書で、2012年にアンサール・ディーンによって破壊された同地のシディ・ヤフヤー・モスクの往時の姿が取り上げられています。

 トンブクトゥの起源については諸説ありますが、11世紀前半、遊牧民であるトゥアレグ人がサハラ交易の冬の宿営地として始まったと考えられています。

 トゥアレグ人たちのサハラ交易は、サハラ砂漠の西部の大塩床タガザから駱駝で運ばれてくる塩板(板状の岩塩)と南のアカン金山やセネガル川上流で採掘される金などを商品にして、それを北アフリカからやってくるアラビア商人のもたらす衣類・刀剣などの手工業製品や馬などと交換するものでした。サハラを越えてやってきたトゥアレグ人の隊商は、ニジェール川にも近いサハラ南縁の地に大きな井戸を見つけ、その周辺を宿営地として選びました。

 井戸の周囲には、その昔、ブクトゥという女性が住んでおり、彼女は交易に出るトゥアレグの隊商たちの荷物を預かっていたといわれています。そこで、いつしかこのオアシスの周囲は“ブクトゥの井戸”を意味するトンブクトゥの名前で呼ばれるようになり、次第に集落がつくられていったと考えられています。

 1230年頃、カンガバ(ニアニ)の王子として生まれたスンジャータ・ケイタはクリコロ(現在のマリの首都、バマコの近郊)で王として即位。彼の国は“王の在所”を意味する“マリ”の名で呼ばれるようになりました。その後、マリ帝国はサハラ交易の富によって繁栄してその版図を拡大し、13世紀末までにはトンブクトゥもその支配下に入ります。

 当時のトンブクトゥでは、城内に持ち込まれる塩に対しては、ラクダ1頭当たり金貨で約4gの税が、城内から持ち出される塩には金貨で約8gの税が課されていました。塩を運んで町を往来するラクダの数は毎年2万頭以上もありましたから、それだけで、町は莫大な税収を手にしていたことになります。

 帝国は、マンサ・ムーサ(在位1312-37年)からマンサ・スレイマン(在位41-60年)の治世下、大西洋岸からトンブクトゥおよびガオまで及び、ブレおよびバンブクの金鉱もおさえて、帝国は絶頂期を迎えました。当時の総資産は、金の価格などから推定すると、現在の貨幣価値にして約4000億ドルにも達したといわれています。

 マンサ・ムーサは、1324年にメッカ巡礼を行い、その帰途、エジプトやモロッコから著名な学者や文化人、建築家などを連れ帰り、帰国後、トンブクトゥとガオに巨大なモスクや学院を建立しました。

 このうち、トンブクトゥでは、1325年、マンサ・ムーサがメッカから連れ帰ったアンダルス(イスラム支配下のスペイン)の建築家、サヘリーによって、井戸の南方に巨大モスクのジンガレー・ベルが建立されています。

 ジンガレー・ベルから北西の方角には、やはりマンサ・ムーサ時代に建立されたサンコーレ・モスクと、その南側には1400年から1441年にかけて、40年もの歳月をかけて建造されたシディ・ヤフヤー・モスク(今回ご紹介の葉書に取り上げられたモスクです)があります。ふたつのモスクはもともと学院として建てられたもので、往時には2万5000人もの学生・学者が学び、膨大な数の書物が集められました。また、モスクの周囲には、地元の聖者音墓廟が設けられ、人々の信仰を集めていました。

 16世紀末、トンブクトゥを占領したモロッコの軍勢は膨大な量の書物を略奪していきましたが、地元の人々は書物を土壁の中に隠したり、砂漠の中に埋めたりするなどして、相当数の写本を略奪者の手から守りました。19世紀以降のフランス植民地時代にも、相当数の写本がフランスへ持ち出されましたが、それでも、1万点を超える写本がトンブクトゥに残され、それらは、市内のアハメド・ババ研究所などに保管されていました。

 2012年夏、トンブクトゥを支配下に置いていたイスラム武装勢力、アンサール・ディーンは、これらモスクとその周辺の聖者廟を破壊します。いわゆるイスラム原理主義者たちの理解によれば、聖者廟への参詣は偶像崇拝を禁じたイスラムの教義に反するというのがその理由です。

 このため、危機感を抱いたアハメド・ババ研究所のスタッフは秘密裏に写本を首都のバマコへと運び出しました。その結果、2013年2月、アンサール・ディーンは、フランス軍の攻撃を受けてトンブクトゥから撤退する際に研究所に火を放ちましたが、写本などの焼失被害を5%に食い止めることができたそうです。

 なお、世界遺産のトンブクトゥを含むマリとその歴史については、拙著『マリ近現代史』で詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。 


★★★ 講座のご案内 ★★★

 ・よみうりカルチャー荻窪 「宗教と国際政治」
 10月から毎月第1火曜の15:30より、よみうりカルチャー荻窪(読売・日本テレビ文化センター、TEL 03-3392-8891)で講座「宗教と国際政治」がスタートします。初回は10月4日です。ぜひ、遊びに来てください。詳細は、こちらをご覧いただけると幸いです。

 ・毎日文化センター
 それぞれ、1日講座をやりますので、よろしくお願いします。(詳細は講座名をクリックしてご覧ください)

 10月11日(火) 19:00-20:30 リオデジャネイロ歴史紀行
 11月17日(木) 10:30-12:00 ユダヤとアメリカ 
  

★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | オート・セネガル・ニジェール | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ファイターズが4年ぶり優勝 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  切手に見るソウルと韓国:韓進海運>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/