内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 鳥取で大地震
2016-10-22 Sat 08:47
 きのう(21日)、鳥取県中部の倉吉市や湯梨浜町、北栄町で震度6弱の地震があり、岡山県北部でも震度5強を記録したほか、関東から九州にかけての広い範囲で揺れを観測しました。被災者の方には心よりお見舞い申し上げます。というわけで、きょうはこの1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      投入堂

 これは、2001年6月1日に発行されたふるさと切手、“ふるさと鳥取”のうち、三徳山三仏寺の国宝“投入堂”を取り上げた1枚です。今回の地震で、三徳山三仏寺でも、建物の被害などはなかったものの、参拝道の一部でひびが見つかったそうです。

 さて、三徳山は、寺伝では、修験道の開祖と言われる役小角が706年に開山し、849年に円仁が三仏を安置して三仏寺と号したとされていますが、史料として確認できるのは、1184年に「後白河天皇の御子と称する者が(開山した)」というのが最初です。

 切手に取り上げられた投入堂は寺の奥院で、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられています。寺伝では、役小角が本尊の蔵王権現像などを祀った仏堂をつくり、それを法力で建物ごと平地から投げ入れたされていますが、現在祀られている蔵王権現像は1168年の制作であることから、上述の史料と併せて、投入堂の確実な歴史は12世紀以降と考えられています。

 ちなみに、本尊に祀られている蔵王権現は修験道の本尊で、日本古来の神道と仏教が混じり合う神仏習合の現象が起こり、日本の神々は仏や菩薩などが姿を変えて日本に現われたものとする本地垂迹説が唱えられる中で、仏教の釈迦如来・千手観音・弥勒菩薩の三尊が合体して日本人の前に姿を現したものとされています。開祖・役行者が金剛山で感得し、過去・現在・未来の三世に渡って力を発揮するとされています。

 気象庁によると、今回の地震について「今後1週間程度は最大震度6弱程度の地震に注意してほしい」とのことですが、どうか、蔵王権現の霊力で、被害が最小限にとどまり、一日も早い復興が果たされことをお祈りしております。


★★★ イヴェントのご案内 ★★★

 10月29日(土) 13:45-15:15 ヴィジュアルメディアから歴史を読み解く

 本とアートの産直市@高円寺フェス2016内・会場イヴェントスペースにて、長谷川怜・広中一成両氏と3人で、トークイヴェントをやります。入場無料ですので、よろしかったら、ぜひ遊びに来てください。(本とアートの産直市@高円寺については、主催者HPをご覧ください)


★★★ 講座のご案内 ★★★

 11月17日(木) 10:30-12:00、東京・竹橋の毎日文化センターにてユダヤとアメリカと題する一日講座を行います。詳細は講座名をクリックしてご覧ください。ぜひ、よろしくお願いします。 
 

★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:ふるさと | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:インド | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  きょうから<PHILATAIPEI 2016>>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/