内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 無事帰国しました。
2016-10-27 Thu 17:20
      FIP総会2016

 本日(27日)午後、無事、台北から帰国いたしました。世界切手展<PHILATAIPEI 2016>の会期中、現地では、コミッショナーの岩崎善太さんご夫妻、アシスタント・コミッショナーの藤井堂太さん、審査員の佐藤浩一さん、大原敏正さん、全日本郵趣連合副会長の井上和幸さんをはじめ、多くの方々にいろいろとお世話になりました。おかげさまで、いろいろと実りの多い滞在となりました。その成果につきましては、追々、皆様にもご報告して参りますが、まずは、現地滞在中、お世話になった全ての方々に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 冒頭の写真は、きのう(26日)、切手展に合わせて開催されたFIP(国際郵趣連盟)の総会の終了後、FIPのテイ会長を中心に、出席した日本人5人で記念撮影したものです。総会での議事内容につきましては、いずれ、全日本郵趣連合の機関誌『全日本郵趣』誌上等、しかるべき媒体でご報告する予定です。

 さて、今回の切手展には、僕は審査員としてテーマティク部門の審査を担当しましたが、その証書は受賞者の方々に授与された賞状と同じフォーマットで、下のようなデザインでした。

      台北展(2016)賞状

 賞状には切手展の開催地、台北のシンボルである台北101とその前を飛ぶ鳥のシルエットが取り上げられています。この鳥のシルエットは、中華郵政120年を示す切手展のロゴマークにも使われており、証書の左上に印刷されているほか、切手展のメダル(裏面)にも大きく取り上げられています。(下の画像)

      台北展メダル(2016)  台北展メダル裏面(2016)

 ちなみに、今回の切手展の会期中、このロゴマークが入った切手は何種類か発行されましたが、鳥の部分を抜き出してで在院化したのが、下の切手です。

      台湾・PHILATAIPEI2016(台湾の日)

 これは、切手展初日の10月21日、切手展のイヴェントとしての“台湾の日(寶島日)”を記念して発行された連刷切手で、件の鳥のシルエットは右側の切手の左上に描かれています。ちなみに、“台湾の日”の切手は、玉山、日月潭、旧正月のランタン飛ばし(放天燈)、ドラゴンボート、蝶など、台湾の豊かな自然を象徴するデザインの13元切手と、台北101と高雄85の南北の2大建築を取り上げた32元切手を組み合わせた構成です。

 なお、次の国際切手展としては、本年12月2日から6日まで、中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市でアジア国際切手展<CHINA 2016>が開催されます。僕はその日本コミッショナー兼審査員として参加する予定となっており、今後とも、皆様にはいろいろとお世話になることがあるかと思われますが、よろしくお願いいたします。 


★★★ イヴェントのご案内 ★★★

 10月29日(土) 13:45-15:15 ヴィジュアルメディアから歴史を読み解く

 本とアートの産直市@高円寺フェス2016内・会場イヴェントスペースにて、長谷川怜・広中一成両氏と3人で、トークイヴェントをやります。入場無料ですので、よろしかったら、ぜひ遊びに来てください。(本とアートの産直市@高円寺については、主催者HPをご覧ください)


★★★ 講座のご案内 ★★★

 11月17日(木) 10:30-12:00 
 毎日文化センターにて、1日講座、ユダヤとアメリカをやりますので、よろしくお願いします。(詳細は講座名をクリックしてご覧ください) 
  

★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 台湾:蔡英文以降 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 泰国郵便学(45) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  <PHILATAIPEI 2016>終了>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/