内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 NZ南島でM7.8の地震
2016-11-14 Mon 09:14
 ニュージーランドで、現地時間の141日未明(日本時間13日夜)、南島のクライストチャーチ北東約90キロの地点を震源とするマグニチュード(M)7.8の大規模な地震が発生。この記事を書いている時点で、少なくとも2人が亡くなったほか、大きな被害が生じているそうです。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災者の方には心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の復旧・復興が一日も早く進むことをお祈りしつつ、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      NZ・クライストチャーチ博覧会(マオリ)

  これは、ニュージーランドが発行した1906年のクライストチャーチ国際展覧会の記念切手のうち、先住民マオリの文化を取り上げた1ペニー切手です。

 展覧会は、ニュージーランドを広く内外に紹介するため、ニュージーランド首相のリチャード・セドンが企画したもので(ただし、セドン本人は、展覧会開会前の1906年6月10日に亡くなっています。)、1906年11月1日から1907年4月15日まで開催されました。クライストチャーチのハグレイ公園内の2万7900平方メートルが会場となり、展示に使われた建物は当時のニュージーランド最大の大きさでした。

 会期中の総入場者数は200万人弱ですが、これは、当時のニュージーランドの総人口が100万人に満たなかったことを考えると驚異的な数字です。このため、展覧会は、巨額の赤字を出したものの、ニュージーランドの周知宣伝という点では大きな成功を収めたと評価されています。

 さて、今回の地震では、多数の負傷者や建物の倒壊、土砂崩れによる道路の寸断などの被害が報告されているほか、多くの地域で停電が発生して電話も不通となっており、政府の緊急対応チームがヘリコプターを投入して対応に当たっているそうです。また、首都ウェリントンやクライストチャーチでは津波が観測され、一時、数千人が避難(その後、津波への警戒態勢は引き下げられています)。キー首相は記者会見で「記憶している限りウェリントンで最も大きな衝撃だ。道路やインフラなどの復旧費用はかなり大きなものになる」と述べました。

 クライストチャーチといえば、東日本大震災直前の2011年2月、M6.3の地震があり、日本人留学生を含む182人が死亡したことは記憶に新しいところです。今回の地震は、その時よりも規模が大きく、現地ではM5を超える余震も続いており、多くの被災地で住民が避難しているとのこと。これ以上、被害が拡大することないよう、祈るばかりです。


★★★ 講座のご案内 ★★★

 11月17日(木) 10:30-12:00 
 毎日文化センターにて、1日講座、ユダヤとアメリカをやりますので、よろしくお願いします。(詳細は講座名をクリックしてご覧ください) 
  

★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ニュージーランド | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 国連緊急軍60年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  切手歳時記:炬燵開き >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/