内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 南寧に到着しました!
2016-12-01 Thu 10:56
 おかげさまで、昨晩、マカオから南寧に到着しました。というわけで、無事の到着を祝して、今日はこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      中国・南寧空港絵葉書  中国・南寧空港絵葉書(裏)

 これは、1999年、中国が発行した“南寧風光”の絵葉書のうち、南寧呉圩国際空港を取り上げた1枚(とその裏面)です。2014年に第2ターミナルが開業する以前の葉書ですので、取り上げられている建物は、当然のことながら、第1ターミナルとなります。

 南寧呉圩国際空港は、南寧市中心から32キロ南西の呉圩镇に位置する空港で、259.73ヘクタールの敷地に全長 2,700メートルの滑走路1本があります。

 現在の空港のあった場所は、第二次大戦中、中国国民党軍を支援するため米第14空軍の駐留する“南寧空軍基地”が置かれていましたが、終戦に伴い、同基地は1945年10月に閉鎖されました。現在の空港は、その跡地に軍民共用として1962年に開港したもので、国際線は北ヴェトナム行きの路線が中心でした。現在、南寧発着の国際路線としては、香港、マカオ、台北、高雄、バンコク、クアラルンプール、プノンペン、ヤンゴン、シンガポール、ジャカルタ、ソウルへの便が運行されています。

 さて、アジア国際切手展<CHINA 2016>は明日(2日)からのスタートで、すでに日本からの作品の搬入も無事に済ませましたが、開会に先立ち、きょうは、午後4時からは作品の審査が始まります。なお、審査結果は5日のパルマレス(授賞パーティー)までには確定しますが、中国国内のネット事情により、このブログでのご報告は中国出国後の7日以降になりますので、あしからずご了承ください。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 中国:江沢民時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< <CHINA 2016>開幕 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  バンコクに来ています>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/