内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ドン・ペドロ2世125年
2016-12-05 Mon 17:58
 ブラジル帝国最後の皇帝、ドン・ペドロ2世が1891年12月5日に崩御してから、今日でちょうど125年です。というわけで、今日はストレートにこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      ドン・ペドロ2世(1866)

 これは、1866年7月1日、ブラジルで発行された皇帝ドン・ペドロ2世の肖像を描く10ヘアイス切手です。

 ドン・ペドロ2世は、1825年、初代ブラジル皇帝ドン・ペドロ1世の長男として生まれました。

 1822年のブラジル独立に際して、ドン・ペドロ1世はポルトガルの王位継承権を放棄しないまま、初代ブラジル皇帝として即位しました。このため、1826年にポルトガル本国でジョアン6世が崩御すると、ドン・ペドロ1世はポルトガルの王位継承権を主張しましたが、本国では、保守派がドン・ペドロの継承権を無効として弟のドン・ミゲルの擁立を主張します。

 このため、両者の妥協として、ドン・ペドロ1世はブラジルを離れずにポルトガル王ペドロ4世として即位を宣言するものの、直ちに、長女マリア・ダ・グロリアに譲位し(マリア2世)、マリアとドン・ミゲル(マリアとは叔父=姪の関係)と結婚させ、ミゲルを摂政とすることで決着が図られました。

 ところが、1828年、ドン・ミゲルがこの約束を破棄してポルトガル王ミゲルとして即位を宣言したため、ポルトガルにはマリア2世とミゲルの2人の王が併存する異常事態となります。このため、1831年、ドン・ペドロ1世は1825年に生まれた長男のドン・ペドロ2世にブラジル皇帝の地位を譲位し、ポルトガルに帰国して長女マリアの王位を主張しました。ちなみに、ポルトガルの混乱は、1834年にミゲルが退位し、王位はマリア2世に統一されることで決着します。

 即位当初のドン・ペドロ2世は幼少であったので摂政がつけられましたが、1840年、14歳で親政を開始。1843年には両シチリア王国の王女テレサと結婚し、1846年には皇女イザベルが生まれました。

 さて、ドン・ペドロ2世は、国教のカトリック教会の権利を制限したり、黒人奴隷制の廃止にも尽力したりするなど、リベラルな君主でした。また、コーヒー栽培のための乱開発でリオデジャネイロの裏山が荒れ果てていたことに心を痛め、コーヒー農園を奥地に再配耕し裏山の再植林を命じています。さらに、電信・電話、鉄道の導入などの近代化に尽力し、1865-70年の三国同盟戦争を勝利に導いてブラジルの国土を拡大しました。

 ところが、教会と地主の権利・権益を制限したことで有力者の反感を買い、1889年、軍部のクーデターにより、皇帝は廃位され、ブラジルは共和制に移行しました。

 これに対して、一般国民の間では、“名君”としてのドン・ペドロ2世の現在なお人気は高鋳物があります。
 
 たとえば、1858年に開業したリオデジャネイロの鉄道中央駅は“ドン・ペドロ・セグンド(ペドロ2世)駅”と命名されましたが、この駅名は共和革命後も維持され、1925年のドン・ペドロ2世生誕100周年には、駅構内に国王の銅像(下の画像)は建立されています。

      ドン・ペドロ2世像(リオ中央駅)

 この銅像は、1943年に現在の駅舎が完成した際には、旧駅舎から移設され、現在まで構内に置かれています。また、1988年には、中央駅の駅名は、現在のセントラル・ド・ブラジル駅に改称されましたが、それから20年近くが過ぎた現在でも、中央駅のことを旧称の“ドン・ペドロ・セグンド”と呼ぶ人も多く、彼が現在なお、ブラジル国民の敬愛を集めていることがわかります。

 なお、現在のブラジルに残るドン・ペドロ2世時代の痕跡については、拙著『リオデジャネイロ歴史紀行』でもいろいろご紹介しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。

 
★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | ブラジル:帝政時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:セントルシア | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  岩のドームの郵便学(46)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/