内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 <CHINA 2016>終了
2016-12-07 Wed 22:50
      南寧展会場臨時局

 早いもので、2日に始まったアジア国際切手展<CHINA 2016>は、昨日(7日)、無事に終了しました。昨晩のうちに作品のピックアップはすべて終え、本日午前中の飛行機で中国を出国し、現在、経由地のバンコクにおります。

 3日の記事でも申し上げましたが、今回は中国当局のネット規制に対応すべく、中国でもグーグルやフェイスブック、本ブログを含むFC2利用のサイトにアクセス可能になるというルーターを日本出国時に手配してきたのですが、結論から申し上げると、全く接続できませんでした。ルーターは無事に機能しており、中国当局の規制対象とならないサイトには通常通りアクセスできましたので、これならホテルの無料ワイファイで良かったのに…と思っています。

 いずれにせよ、斯様な事情で、ご報告が遅くなりましたが、コミッショナーとして、以下の通り、今回の受賞結果をご報告申し上げます。(カタログ掲載順。カッコ内は点数です)

 ・井上和幸 Japan Definitives 1883-1892 LG (96) 特別賞つき(グランプリインターナショナル候補)
 ・須谷信宏 Japan Definitives: Vocational Series LV (88) 特別賞つき
 ・有吉伸人 Napoléon non Lauré-FRANCE1852-1862 G (91) 特別賞つき
 ・小林莞爾 Swiss Definitive Stamps (1854-82) V (80)
 ・井上和幸 Postal History of NIUAFOOU and Tin Can Mail 1882-1947 LV (85)
 ・伊藤純英 Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1875-1905  LV (85)
 (以下、文献)
 ・(公財)日本郵趣協会 『年賀郵便 ―年賀状と切手の歴史―』 LS (78)
 ・正田幸弘 『国際展物語 1965-2004』 S (72)
 ・(公財)日本郵趣協会 『ビジュアル日本切手カタログ』 1-4 V (80)

 受賞者の皆様、おめでとうございます。

 明日の午前中、無事に帰国いたしましたら、あらためてご挨拶申し上げますが、今回の切手展に日本から参加された審査員の大原敏正さん、山田廉一さん、榎沢祐一さん、出品者の井上和幸さんをはじめ、お世話になった皆様には、あらためてお礼申し上げます。

 なお、冒頭の画像は、今回の切手展に際して開催国の中国が発行した記念切手の1枚(チワン族の伝統的な錦織が取り上げられています)を封筒に貼り、会場内郵便局の12月2日(切手展の会期初日にして切手の発行日)を押したものです。会期中、現地からの記事のアップができませんでしたので、せめて、海外にいる間にと思って中継地のバンコクから記事をアップするにあたって持って着た次第です。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 中国:習近平以降 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 無事帰国しました。 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  世界の国々:セントルシア>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/