内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 “王冠を賭けた恋”から80年
2016-12-11 Sun 22:02
 1936年12月11日に英国王エドワード8世が、ウォリス・シンプソンとの“王冠を賭けた恋”によりわずか325日で退位してから、今日でちょうど80年です。というわけで、エドワード8世がらみのマテリアルの中から、こんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      KEVIII 香港からシンガポール転送

 これは、1937年2月24日、英国スコットランドのアナンからエドワード8世の切手6ペンス分を貼り、香港宛に差し出されたものの、シンガポール宛に転送されたカバーです。

 エドワード8世の肖像が入った普通切手の発行が開始されたのは1936年9月1日のことで、彼の退位までの期間はわずか3カ月しかありませんので、在位期間中の使用例で気の利いたものを探そうとするとかなり苦労します。今回ご紹介のカバーも退位後のものではあるのですが、後継国王として即位したジョージ6世の肖像入り普通切手の発行は1937年5月10日以降のことですので、それ以前の使用例ということで、まぁ、許容範囲といえましょうか。

 さて、今回のカバーの当初の宛先となった香港に関しては、エドワード8世にちなむ“プリンス・エドワード・ロード(太子道)”があります。

 1902年に締結された日英同盟は、当初、帝政ロシアを仮想敵国としてスタートしましたが、その後、日露戦争での日本の勝利に伴い、主要な仮想敵国はドイツへと変化します。さらに、第一次大戦を通じて、帝政ロシアは革命によって崩壊し、ドイツも敗北しましたが、日本としては、第一次大戦後も同盟関係を維持しようと考えていました。そして、そのための地ならしとして、英王室と友誼を通じ、日英両国の絆を内外にアピールすることで、英国内で日英同盟存続の世論を喚起するため、皇太子裕仁親王が訪欧します。

 裕仁親王は欧州各国、中でも英国で大歓迎を受け、日本政府も“皇室外交”によって英国の世論を味方につけたことを確信。そして、日英同盟の存続をかけて、1921年末から翌1922年にかけて、米国が召集したワシントン会議に参加しましたが、同会議では、大戦後のアジア・太平洋問題と軍備制限が議題として取り上げられ、米英日の主力艦の保有率を5・5・3とする海軍軍縮条約をはじめ、太平洋での相互不可侵を決めた米英日仏の4ヶ国条約、そして、中国の主権尊重・領土保全・門戸開放・機会均等を定めた9ヶ国条約(米英日仏伊中蘭白葡)が締結されました。この結果、日本は大戦中に獲得した山東半島の権益を放棄させられ、肝心の日英同盟も、4ヶ国条約の締結により意義を失ったとして破棄されてしまいます。

 もっとも、米英は日本にこれら諸条約を呑ませるため、英国は東経110度以東、すなわち、シンガポール以東の要塞を強化しないことを約束しています。当然のことながら、英国の中国艦隊は削減され、香港の軍事的価値も減少します。

 さて、9ヵ国条約が掲げていた中国の主権尊重という大義名分は、それなりに実現され、英国は威海衛の返還に同意しました。しかし、同時に英国は中国がパリ講和会議ならびにワシントン会議で一貫して要望していた香港・新界の返還については拒絶。その後も、中国は不平等条約撤廃と新界の返還を主張し続け、英国がそれを拒絶するという構図が続くことになります。

 一方、日英同盟が廃棄され、日英関係が微妙なものとなりつつあった1922年、日本との関係改善策の一環として、裕仁親王の英国訪問の答礼というかたちを取って、エドワード皇太子(後のエドワード8世)が日本を訪問しました。

 その途中、皇太子は香港にも立ち寄り、8人乗りの籠に乗ってのパレードを行ったほか、精力的に香港各地を訪問。九龍の旺角と界限街の間を東西に走る道はこれを記念して“太子道”と命名されました。

 当時、香港でのエドワード皇太子の一挙手一投足は、さまざまなメディアを通じて世界に発信されましたが、こうした“次期国王”のパフォーマンスによって、大英帝国は、来るべきエドワードの御世においても、香港島と九龍市街地、そして新界租借地が一体となった“英領香港”の枠組を維持するのだという意思を世界に、とりわけ、中国に対して見せつけようとしていたわけです。

 このあたりの事情については、拙著『香港歴史漫郵記』でも詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひご覧いただけると幸いです。 


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 英国:KEVIII 時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< コプトの大聖堂で爆弾テロ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  元祖・名誉革命の切手>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/