内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 嬉しいニュース
2006-07-25 Tue 01:59
 相互リンクをお願いしているきってコレクションblogで、こんな新聞記事が紹介されていました。(切手コレクションblogでは抜粋でしたが、ここでは、全文引用してみました)

***以下、引用開始***

 切手展:図柄は時代の反映 視覚・聴覚障害関連の130種展示--筑波技術大

 ◇大沢助教授が収集--筑波技術大できょうと25日

 視覚・聴覚に障害を持つ学生が学ぶ国立大学法人・筑波技術大学(つくば市)で、大沢秀雄保健科学部助教授の切手コレクションを展示する「視覚・聴覚の障害に関連した切手展」が22、25の両日、同大キャンパスで開かれる。点字入りや障害者のスポーツを描いたものなど世界約60カ国約130種類の切手が展示される。

 子供のころに切手収集が趣味だった大沢助教授が、切手の博物館副館長の内藤陽介さんの著書『切手と戦争』を読んで、切手から読み解く国の政策や文化などに興味を持ったのがきっかけで、2年ほど前から視覚・聴覚障害に関係する切手の収集を始めた。

 アイマスクをした青年がアルゼンチン代表のブルーの縞(しま)のユニホームを着て、サッカーをするブラインドサッカーの絵柄の切手は、点字も打ち込まれ、同国が03年に発行したもの。そのほか、ひもを持って山を登るケニアの視覚障害者の登山や、ヘレン・ケラーを図柄にしたものも。第一次大戦中の1916年に現在のボスニア・ヘルツェゴビナで発行された切手は、失明した兵士を誘導する少女の絵が描かれているほか、76年にバングラデシュが発行した栄養失調をテーマにした切手には、目にいいとされるビタミンAが豊富なニンジンや牛乳などの絵が描かれている。

 大沢助教授は「まさに切手の図柄は時代を反映していると思う。これほどの視覚・聴覚障害に関連した切手があるとは思わなかった」と話している。

 展示は22日が同市春日4の春日キャンパス、25日が同市天久保4の天久保キャンパスの各食堂入り口で。【石塚孝志】
 
(7月22日付毎日新聞朝刊・茨城版より)

***以上、引用終わり***

 自分の仕事がこういうかたちで誰かに影響を与えていたことがわかると、照れくさい気もしますが、とっても嬉しいです。というわけで、今日は、大沢先生に感謝の意を込めて、視覚障害がらみの1枚として、こんな切手を紹介してみましょう。(画像はクリックで拡大されます)

ザールの慈善切手

 この切手は、1928年にザールで発行された慈善切手で、19世紀のオランダの画家、ヨゼフス・ローレンティウス・ダイクイマン(Josephus Laurentius DYCKMANS、1811-1888)の作品「盲の乞食」(差別用語ばかりですが、“視覚を失ったホームレス”では雰囲気が出ないので、勘弁してください)の一部が取り上げられています。

 ザールは独仏国境地帯に位置するドイツの州で、第一次大戦でドイツが敗れた後は、1920~35年の間、国際連盟の管理下に置かれ、1935年の住民投票によってドイツに返還されました。国際連盟管理下のザールでは、ドイツ切手の使用が認められなかったため、独自の切手が発行されていましたが、今回の切手もその1枚です。なお、切手上には付加金の表示がありませんが、郵便局の窓口では、額面の倍額(つまり、額面と同額の寄付金をつけて)で発売されました。

 切手に取り上げられたダイクマンの絵は、教会の入口のところにたたずむホームレスと少女を描いたもので、オリジナルでは、右側に協会から出てくる女性の姿も描かれていますが、その部分はトリミングでカットされています。この絵は、19世紀のヨーロッパでは非常に人気を博し、さまざまな複製が作られましたが、オリジナルは、現在、ロンドンのナショナルギャラリーに所蔵されています。

 この切手の実物が展示されているのかどうかは未確認ですが、今日(25日)、筑波技術大学の天久保キャンパスで開かれる大沢先生の展覧会のご盛会を心よりお祈りしております。
スポンサーサイト

別窓 | ザール | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<< スエズ運河国有化50年 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  チンギスハンの復活>>
この記事のコメント
#250 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-07-26 Wed 12:32 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
#251 御礼
内藤先生
記事をご紹介下さり、また、関連の切手の解説をしてくださり、重ねて御礼申し上げます。ちょうど、大学公開に合わせて、切手展を開催させて頂きました。受験生の方も多く来られ、興味深く参観して頂きました。視覚障害の方々には拡大読書器を用いて、切手を拡大して見てもらいました。点字のエンボス切手は実際に触れるよう薄いビニール袋に入れておきました。
今後とも、よろしくご指導下さいますよう、お願い申し上げます。
(一つ前に、空メールになってしまい、申し訳ありませんでした。)
2006-07-26 Wed 12:40 | URL | 大沢秀雄 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 大沢秀雄先生
 ご無沙汰しております。また、コメントありがとうございます。
 オープン・キャンパスにあわせて、一般の方向けの展示を企画・実行されたことは大変素晴らしいことと思います。これからも、僕に出来ることでしたら協力は惜しみませんので、お気軽にお声掛けください。
2006-07-30 Sun 10:46 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/