内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 “ブルガリ”レストランで食中毒
2016-12-21 Wed 10:50
 東京都は、きのう(20日)、イタリアの高級ブランド、ブルガリの日本法人が運営する銀座のレストラン“イル・リストランテ ルカ・ファンティン”で今月11日に行われた立食パーティーで集団食中毒が発生したと発表。同店を20日から3日間の営業停止処分としました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      イタリア・ブルガリ125年

 これは、2009年にイタリアが“メイド・イン・イタリー”の一種として発行した“ブルガリ125周年”の記念切手で、1965年にブルガリが制作したネックレスが取り上げられています。ネックレスは、(切手に取り上げられていない部分を含めて)ターコイズ計38カラット、カボション・カットのエメラルド計88.50カラット、カボション・カットのアメシスト計22カラット、ブリリアント・カットのダイヤモンド計72カラットを、シンメトリックに組み合わせたもので、ブルガリの宝飾品の中でも有名な逸品として知られています。

 ブルガリの創業者、ソティリオ・ブルガリは、1857年、ギリシャ・エピルスの銀細工職人の一家に生まれました。

 1881年、ローマへ移住。ローマで作った銀製のオーナメントが評判になると、1884年、ローマ市内のヴィア・システィーナ85番地に、最初の店舗を構えました。現在、ブルガリはこれを持って現在の同社の創業としており、今回ご紹介の切手もここから起算して125周年になるのにあわせて発行されたものです。

 その後、ソティリオの店は順調に発展。1905年には、2人の息子コンスタンティノとジョルジョも事業に加わり、コンドッティ通りに店舗を移転しました。これが現在のブルガリ本店となります。さらに、ソティリオは外国人旅行者を意識して、避暑地として有名なスイス・サンモリッツにも店舗をひらくなど事業を拡大し、1934年に亡くなるまでに現在の同社の隆盛の基礎を築きました。

 ブルガリの名が全世界的に知られるようになったのは、女優エリザベス・テーラーによるところが大でした。すなわち、1962年、映画『クレオパトラ』の撮影でローマに滞在していたエリザベス・テーラーは、共演者で後に彼女の夫となるリチャードバートンから、ステップカットが施された8角形のエメラルド(7.4カラット)とぺアシェイプ・ダイヤモンド(計5.3カラット)があしらわれたプラチナ製リングを贈られ、以後、ブルガリを好んで使うようになりました。また、2人の関係が進展するにつれ、ブルガリの店舗は2人の逢瀬の場となり、1962年の婚約時にはコロンビアンエメラルド(23.44カラット)のペンダントトップが、1964年の結婚の際には16のステップカットが施された8角形のコロンビアンエメラルド(計60.5カラット相当)とブリリアントカットおよびペアシェイプのダイヤモンドに囲まれたネックレスが、それぞれ、バートンから彼女に贈られています。エリザベス・テイラーはこのネックレスを結婚式はもちろん、1966年にアカデミー賞主演女優賞を受賞した際にも身に着けており、そうした彼女の姿がメディアで大々的に報じられたことで、ブルガリの名は(ブルガリの宝飾品を買えない庶民を含めて)全世界に広く浸透することになりました。

 こうした状況を受けて、1970年代以降、ブルガリは本格的に海外進出を展開。顧客の多いニューヨークを皮切りにパリ、ジュネーブ、モンテカルロなどに出店し、現在では、日本のブルガリ銀座タワーを含め、世界で150店ほどの直営店を展開しています。

 その過程で、1977年、高級腕時計の“ブルガリ・ブルガリ”を発売。このヒットを機に、1980年代以降、高級時計事業にも本格的に参入するようになり、1982年には部品の供給を受けずに自社で時計を一貫生産するための“ブルガリ・タイム社”を設立。さらに、1990年代以降は、香水やスカーフのほか、テキスタイルからグッズまで多角的な商品展開に乗り出し、2004年にはブルガリ・ホテルズ&リゾーツを設立してホテル経営にも乗り出しました。

 このように、イタリアから全世界に拡大するブルガリの事業は、イタリアが自国製品を広く内外に紹介するために毎年発行してきた“メイド・イン・イタリー”の題材として相応しいものといえましょう。ただし、“メイド・イン・イタリー”の切手に取り上げられているのは、ブルガリのような高級品ばかりではなく、庶民的なジェラートが取り上げられることもあります。

 まぁ、今回、食中毒を起こした銀座の“ブルガリ”レストランは2010年3月にも食中毒を起こしているそうですから、僕からすれば、同じ“メイド・イン・イタリー”であっても、口に入れるのなら数百万円・数千万円のブルガリよりも、ひとつ100-200円のジェラートの方が良いですな。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | イタリア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< サントメ・プリンシペ、台湾と断交 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  クリスマスマーケットにトラック>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/