内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 泰国郵便学(46)
2016-12-29 Thu 10:18
 ご報告が大変遅くなりましたが、財団法人・日本タイ協会発行の『タイ国情報』第50巻第6号ができあがりました。そこで、僕の連載「泰国郵便学」の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      タイ・野生動物(第2次)ガウル

 これは、1975年3月5日に発行された第2次野生動物シリーズのうち、ガウル(インドヤギュウ)を取り上げた75サタン切手です。

 ガウルは、インド、カンボジア、タイ、中国・雲南省、ネパール、ミャンマーの標高1800メートル周辺にある森林に8-11頭からなる群れを形成し生息する偶蹄類で、体長240-330cm、肩高160-220cm、体重580-1000㎏。肩は隆起し、胴体の中ほどで胸椎の突起が短くなります。背面の毛衣は暗黄褐色で、四肢下部の体毛は白色です。

 開発による生息地の破壊、狩猟、家畜からの伝染病などにより生息数は激減しており、現在では保護区が設定されていますが、タイ中部プラジュアブキリカン県クイブリ国立公園では、2013年8月2日から12月22日までの間にガウル12頭の死体が相次いで発見されたことが大きく報じられました。死体にはいずれも外傷はなく、汚染された水が原因だったと見られています。

 ところで、ガウルは、タイでは栄養ドリンクの商品名としても有名です。

 もともと、鎮痛剤の製造・販売を行っていたTCマイシン社の経営者、チャリアオ・ユーウィッタヤーは、1978年、TCファーマシューティカル・インダストリー社(以下、TCF)を設立し、それまで、日本の大正製薬が販売するリポビタンDがほぼ独占していた栄養ドリンク市場に参入しました。

 ユーウィッタヤーは、この時売り出した商品を、タイ語で“赤いガウル”を意味する“クラティン・デーン”と命名。低所得者層のマーケットに重点を置き、100万本以上の試供品を配布するなどの積極的な営業方針でシェアを拡大。同社を現在65%のシェアを誇る業界最大手に育て上げました。

 ちなみに、TCFの成功に目を付けたオーストラリア人実業家のディートリヒ・マテシッツは、1984年、クラティン・デーンの国際的な販売権を獲得。独自の配合で数年をかけて改良を加えて“レッド・ブル”を売り出し、栄養ドリンク業界において、売上、シェア共に世界一の座を獲得しています。レッドブルのマークに描かれている牛のモデルは、今回ご紹介の切手のガウルということになりますな。

 僕自身は、普段はあまり栄養ドリンクの類は飲まないのですが、せっかくなので、きょうはレッド・ブルを飲んで、残りわずかとなった2016年を乗り切ろうかと思います。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。

 * 8月6日付『東京新聞』「この人」欄で、内藤が『リオデジャネイロ歴史紀行』の著者として取り上げられました!

       リオデジャネイロ歴史紀行(東京新聞)


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | タイ:ラーマ9世時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< わが最後の別れ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  安倍首相、真珠湾訪問>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/