内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 蔣中正檔案、全面公開へ
2017-01-05 Thu 11:16
 台湾の国史館は検索システムのリニューアルに伴い、蔣介石に関する収蔵資料の“蔣中正檔案”のうち、いままで非公開だった分を含め26万件以上を、きょう(5日)から4月末までに、インターネット上で新たに順次公開します。閲覧者制限は設けず、中国大陸や香港、マカオの人々も資料へのアクセスが可能になるそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      中国・国民政府統一(1角)

 これは、1929年4月18日に中国で発行された“国民政府統一”の記念切手のうちの1角切手です。

 1916年に袁世凱が亡くなった後の中国は軍閥割拠の状態にあり、とりあえず、対外的には、北洋軍閥による北京政府が中華民国を代表するという建前になっていました。

 これに対して、1922年2月、孫文は自ら拠点としていた廣州から北方に攻め上り、北洋軍閥の支配する北京政府を打倒するとして“北伐”を宣言。1925年3月に孫文が亡くなると、1926年7月1日、中国国民党は、孫文時代の大元帥統治の軍政府を解体し、国民党中央執行委員会が指導する国民政府(広州国民政府)を樹立しました。その際、政策決定は16人の委員による合議制とされ、コミンテルンから派遣されたボロディンが最高顧問となって孫文時代の共産党との合作も維持されています。

 こうして、1926年7月、蔣介石は孫文の遺志を継いで北伐(国民革命)を開始しますが、北伐が進展し、その軍勢が上海にまで及んでくると、列強諸国は北伐に対する警戒感を強めることになります。このため、英国は、権益の護持と居留民の保護を名目として、1927年2月、本国の第13ならびに第14旅団およびインド駐留軍を中国大陸に派遣しました。

 さて、上海に派兵した英国は、現地の情勢から、軍閥打倒の統一戦争としての北伐が曲がりなりにも成功裏に終わりそうだと判断。各地の軍閥を背後から操り、軍閥同士の代理戦争によって権益の維持・拡大を図ろうとしていた従来の路線を転換し、個別の軍閥への支援を止め、蒋介石をかれらの“総代理店”として育成しようと考えます。そして、北伐を支援する条件として、蒋介石に対しては共産党との絶縁を要求。この結果、1927年4月12日、蒋介石は上海で反共クーデターを起こして共産党幹部を虐殺。孫文以来の国共合作は完全に破綻し、南京国民政府が発足しました。

 一方、蒋介石を総司令とする国民革命軍という共通の敵を前に、軍閥諸派は大同団結し、1927年6月、奉天派の張作霖を大元帥に推戴して対抗。北京政府として、南方から来た国民革命を迎え撃つ姿勢を明らかにしたのですが、勢いに勝る国民革命軍の前に各地の軍閥は相次いで敗北を喫します。そして、済南が陥落するにいたって、ついに張も敗北を覚悟し、北京を退去して本拠地の奉天に撤退しようとした6月4日、関東軍大佐の河本大作によって移動途中の列車ごと爆殺されてしまいました。

 結局、張の爆殺後、国民革命軍は北京に入城し、名目的ではありますが、中華民国の統一が達せられます。一方、満州では、張作霖の死後、息子の張学良が東三省保安総司令官となり、実権を掌握。1928年12月、関東州満鉄付属地を除く満州全域に、それまで用いてきた満州五色旗を下げ、国民党の青天白日旗を一斉に掲げさせ、東三省の主席と連名で国民党に服従することを発表しました。これが、いわゆる“満州易幟”です。

 今回ご紹介の“国民政府統一”の記念切手は、こうした事情を踏まえて1929年4月に発行されたもので、北伐の総司令官として蔣介石の肖像を描いた同図案で色変わりの4額面セットで発行されました。蔣介石の肖像が切手に登場したのは、これが最初でした。
  
 さて、蔣中正檔案は11の系列に分かれていますが、このうち、5系列は機密情報が含まれていないため、すでにネットで公開されており、今回、残る6系列26万件が新たな公開対象となりました。そのうち、機密資料とされていたのは、全体の61%に相当する16万件です。“郵票”で検索をかけると、どんな記事がヒットしてくるのか、ちょっと楽しみですね。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 中華民国:1912~1949 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 放牧宣言 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  年賀状の切手>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/