内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 トルクメニスタン大統領3選
2017-02-13 Mon 19:20
 中央アジア・トルクメニスタンで、きのう(12日)、大統領選挙が行われ、独裁体制を強化してきた現職のグルバングル・ベルドイムハメドフ大統領が(中央選管の発表によれば)得票率97.69%で最多の票を得て3選されることになりました。というわけで、きょうはこの1枚です(画像はクリックで拡大されます)

      トルクメニスタン・馬(1992)

 これは、1992年にトルクメニスタンで発行された“黄金の馬”ことアハルテケの切手です。

 アハルテケはトルクメニスタンが原産で、現存する最古の馬種のひとつとされています。水や食料の不足しがちなトルクメニスタンの過酷な自然環境にも対応しうる頑健な馬で、1935年には、トルクメン人の騎手団がアシガバート(トルクメニスタンの首都)からモスクワまでを84日で走破した際には、途中の砂漠地帯を水なしで3日で横断したというエピソードもあります。また、フォームと優美さでも知られており、“黄金の馬”として、トルクメニスタンの誇りとされ、同国の国章にも描かれています。

 クリミア戦争後の1869年、ロシアはカスピ海東岸に上陸し、1873年にザカスピ軍区を設置しました。その後、ヒヴァ戦争や2次にわたるアハル・テケ遠征を経て、1881年、現在のトルクメニスタンの首都アシガバートがロシアに占領され、翌1882年、現在のトルクメニスタン国家の領域とウズベキスタンのカラカルパクスタン共和国、カザフスタンのマンギスタウ州の一部に相当する地域をあわせて“ザカスピ州”が創設され、カフカス総督の管轄下に置かれます。

 第一次大戦を経てロシア帝国が崩壊すると、1921年、地元のムスリムの反乱を制圧した赤軍は、ザカスピ州をトルキスタン自治ソヴィエト社会主義共和国内のトルクメン州に再編。さらに、1924年には、中央アジアの民族境界画定工作が行われ、トルクメン州については、その一部をウズベク・ソヴィエト社会主義共和国に割譲したうえで、同州をベースにしたトルクメン・ソビエト社会主義共和国が成立。これが、現在のトルクメニスタン国家の直接のルーツとなりました。

 その後、ソ連時代末期の1990年8月22日に主権宣言を行い、10月27日には直接選挙による大統領選挙でサパルムラト・ニヤゾフが98.8%の得票率で当選。1991年10月26日の国民投票を経て、ソ連からの独立を達成しています。

 初代大統領となったニヤゾフは2006年に急死するまで独裁者として君臨しましたが、ニヤゾフ政権下のトルクメニスタン国内では、①首都と大学を除く図書館の廃止(ニヤゾフいわく「田舎の人はどちらにしても字が読めないのだから」)、②バレエ、オペラ、サーカス、映画などの禁止(ニヤゾフいわく「白鳥の湖の男性ダンサーの衣装が気に入らない」)、③首都を除く地方の病院を閉鎖(ニヤゾフいわく「ちゃんとした医師は首都にいる。病人は首都に行けばよい」)、④女性の金歯を禁止(ニヤゾフいわく「女性には金歯が似合わない」)、⑤高齢者向け年金の停止など、かなり無茶苦茶な政策が行われていました。

 ニヤゾフの死後、2007年2月14日の大統領選挙を経て、ニヤゾフ政権下で副首相を務めたグルバングル・ベルドイムハメドフが第2代大統領に就任。ベルドイムハメドフは、ニヤゾフ時代の荒唐無稽な政策を撤廃するとともに、天然資源の好調な輸出を原資に公共料金を無料化したり、インターネットの利用を解禁したりするなど、一定の脱ニヤゾフ化政策を展開しました。その背景には、豊富な天然ガスをテコにした資源外交を活発化させていくなかで、ニヤゾフ時代に定着した“中央アジアの北朝鮮”との国際イメージを払拭したいという現政権の意図があるとされています。

 しかしながら、ベルドイムハメドフ政権による脱ニヤゾフ化政策も、完全な民主化とは程遠く、秘密警察による監視は続いており、体制批判は現在なおタブーです。また、街中ではベルドイムハメドフの肖像が増加するなど、個人崇拝は年々強化され、昨年(2016年)の憲法改正では、大統領任期は5年から7年に延長されただけでなく、70歳までとの年齢制限も撤廃されました。この結果、ベルドイムハメドフは、制度的には、ニヤゾフに次いで終身大統領となることが可能になっており、独裁体制の強化はむしろ進んでいるとも見られています。

 ちなみに、2015年、大統領への個人崇拝を強化すべく、首都アシガバートには、高さ6m で金色のベルドイムハメドフ騎馬像が建立されましたが、“黄金の馬”ことアハルテケならぬトルクメニスタン国民が、いつまで、過酷な環境に耐え続けられるものなのか、気になるところです。


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | トルクメニスタン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ふんどしの日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  歯舞に“デレヴィヤンコ島”>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/