内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の切手:モルディヴ
2017-02-19 Sun 09:49
 ご報告がすっかり遅くなりましたが、アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2月15日号が発行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回はモルディヴの特集(2回目)です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      モルディヴ・ヒジュラ暦15世紀

 これは、1981年2月、モルディヴから英国宛に差し出された葉書で、西暦1980年11月9日にヒジュラ暦の15世紀(=1401年)が始まったことを記念して使われた聖地メッカをデザインした円形の印と、コーラン第21章第92節もしくは第23章第52節の文言「本当に、あなたがたのこのウンマこそは、唯一の共同体である(إِنَّ هَذِهِ أُمَّتُكُمْ أُمَّةً وَاحِدَةً)」のアラビア語オリジナルと英訳・ディベヒ語(モルディヴの公用語)訳が入った角印が押されています。

 モルディヴ環礁の一帯には、いまから約2000年前にセイロン(現スリランカ)と南インドから仏教徒が移住し、以後、この地の先住民たちは、土着の信仰であった太陽崇拝を捨てて仏教に改宗しました。モルディヴの仏教には土着の要素が強く反映されており、海の魔物“ジニ”に生贄として処女を捧げる風習も残っていました。

 モルディヴにイスラムが伝来し、人々が改宗した経緯については、1656年、首都・マーレに建設されたジュムア・モスクに記録が残されています。

 それによると、1153年、モルディヴを訪れ、生贄の習慣を目にしたアラブ商人アブー・バラカートは、自分が生贄になることを申し出て、コーランを朗誦して魔物を追い払います。これに感謝した仏教徒は感謝の品をアブー・バラカートに与えようとしましたが、モルディヴは貧しく、それに値するモノは何もありませんでした。そこで、アブー・バラカートが「コーランに書かれている来世の楽園をこの地に作り、多数の処女を集めよう」と勧めると、島の仏教徒たちは競ってイスラムに改宗し、処女を集めます。しかし、住民の改宗が終わると、処女たちは消えてしまい、以後、アブー・バラカートとその子孫がイスラム系の地方君主、スルターンとしてモルディヴを支配するようになりました。

 その後、大航海時代の1558-73年、マーレはポルトガル人に占領され、ポルトガル人は島民にワインを与えてキリスト教に改宗させようとしましたが、島民は「処女があふれているわけでもないのに、楽園の美酒に酔うわけにはいかない」として改宗を拒否。 1573年には、ムハンマド・タクルファーンがポルトガル人を破り、マーレを王都としてウティーム王朝を開きます。ウティーム王朝は、1697年にインド南部から侵攻したフラーゲ王朝に滅ぼされるまで、12人のスルターンを輩出しました。

 ウティーム王朝はサンゴで作られた壮麗な王宮を建設し、王朝の開祖にちなんでムハンマド・タクルファーン宮殿と命名しました。同宮殿は、ウティーム王朝の崩壊後も歴代の王朝が王宮として使用されたほか、敷地の一部は大統領の私邸として現在も利用されており、モルデイヴを代表する文化遺産のひとつとして、今回ご紹介の葉書の切手にも取り上げられています。

 なお、モルディヴは1645-1796年にはオランダの保護国となり、1877-1965年には英領となりましたが、これらの時代にも島民のキリスト教への改宗はほとんど進まず、現在のモルディヴ国家はイスラムを国境としており、住民のほぼ100%がムスリムです。

 さて、『世界の切手コレクション』2月15日号の「世界の国々」では、モルディヴのイスラムについて扱った長文コラムに加え、特産のカツオ、ガーフダール環礁、ココヤシ、ディベヒ語とアラビア語のバイリンガルの切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、 「世界の国々」の僕の担当回ですが、今回のモルディヴの次は、15日に発売された2月22日号でのブルキナファソの特集(2回目)になります。こちらについては、発行日の22日以降、このブログでもご紹介する予定です。 


★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | モルディヴ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 闘牛場近くでテロ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ディック・ブルーナ、亡くなる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/