内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 台湾・和平紀念日
2017-02-28 Tue 13:17
 きょう(28日)は、1947年2月28日の“二・二八事件”にちなんで、台湾では“和平紀念日”の祝日です。ことしは、事件から70周年の節目の年でもありますので、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      中国・228事件30周年(10分)

 これは、1977年に中国(大陸の中共政権)が発行した「台湾省人民“二・二八”蜂起30周年」の記念切手の1枚で、五星紅旗を手に持ち、北京・天安門前の「我們一定要解放台湾(我々は台湾を解放しなければならない)!」のスローガンに呼応する台湾の人々が描かれています。この切手が発行された当時、台湾は国府による戒厳令下にあり、二・二八事件はタブー視されていましたので、中共側が発行したこの切手が、事件を取り上げた切手としては最初の1枚となりました。

 さて、日本の敗戦後、台湾を接収した国府は、すでに共産党との内戦に追われていたこともあり、台湾に良質の人材を配置する余裕はありませんでした。このため、台湾に進駐してきた外省人には“十官九貪”とよばれたほど貪官汚吏が多く、復興に使われるべき工場施設や備蓄されていた米や砂糖を投機のために上海や南京に売り飛ばすことが横行。「1年の豊作で3年食べられる」といわれた台湾で、日本統治下では戦争末期にもなかったほどの深刻なコメ不足が発生したほか、日本時代の1920年代以来途絶えていたコレラが流行しています。島から逃げ出す犬(強圧的ではあったが規律のあった日本人)と入ってくる豚(無規律で腐敗・無能が蔓延する外省人)を並べ、「犬は人間を守ることはできるが、豚はただ喰って眠るだけだ」と記した風刺画が各所に貼られたのは、この時期のことです。これに対して、外相人の官吏は本省人(第2次大戦以前からの台湾居住者)の“奴隷根性”を批判。両者の溝は深まるばかりでした。

 こうした状況の下で、1947年2月27日、台北市でヤミタバコを販売していた老婆を国府官憲が発見し、暴行を加えた上、商品と所持金を没収するという事件が起こると、かねてから国府の台湾支配に不満を持っていた市民の怒りが爆発。自然発生的な暴動が台湾全土を覆うことになりました。これが、いわゆる二・二八事件です。

 これに対して、国府は大陸から第21師団を派遣して、本省人に対する大規模な弾圧を開始。裁判官・医師・役人をはじめ日本統治下で高等教育を受けたエリート層の多数が逮捕・投獄・拷問され、約3万人が犠牲になったといわれています。

 事件後、国府は台湾支配を強化するために台湾省を設置。さらに、1949年には国共内戦に敗れて台湾に移転し、事件から40年後の1987年に戒厳令が解除されるまで恐怖政治を続けることになります。

 こうした背景の下、かつての中共は、二・二八事件を“国民党政府に対する台湾人民の英雄的抵抗”として盛んに賞賛していました。今回ご紹介の切手も、そうしたプロパガンダの一環として発行されたものです。

 しかし、1988年に発足した李登輝政権が、それまでの「反攻大陸」のスローガンを下ろし、中華人民共和国が中国大陸を有効に支配していることを認めると同時に、台湾・澎湖・金門・馬祖には中華民国という別の国家が存在するという“中華民国在台湾”を主張。以後、台湾の台湾化が進行し、台湾での二・二八事件についての歴史的評価が大きく変わると、中共側は台湾独立論を警戒し、事件を称揚しなくなりました。

 まぁ、もともと、二・二八事件は、台湾に対する外省人の理不尽な統治に原因があったわけですから、中共であれ国府であれ、台湾人を無視して「我們一定要解放台湾(我々は台湾を解放しなければならない)」と主張する人たちは、信用されるはず、ありませんけどね。
 

★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 中国:華国鋒時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:ブルキナファソ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  出島に130年ぶりの橋>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/