内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界の国々:赤道ギニア
2017-03-22 Wed 12:40
 アシェット・コレクションズ・ジャパンの週刊『世界の切手コレクション』2017年3月22日号が発行されました。僕が担当したメイン特集「世界の国々」のコーナーは、今回は赤道ギニアの特集(2回目)です。その記事の中から、この1点をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      ビオコ自由国(2010)

 これは、赤道ギニアからの分離独立を主張する“ビオコ自由国”が自らの存在をアピールするために制作した“切手”です。ただし、現時点では、ビオコ自由国の独立は認められていませんし、彼らが実効支配地域で郵便サービスを提供しているわけでもありませんので、現実には“切手を模したラベル”という位置づけになります。

 現在の赤道ギニア共和国(以下、赤道ギニア)は、ギニア湾に浮かぶビオコ島、アンノボン島、および大陸部のリオ・ムニ(ムビニとも)とエロベイ諸島から構成されており、首都のマラボはビオコ島にあります。このうち、エロベイ諸島は無人島で、アンノボン島の人口はわずか2500人しかおらず、国家の総人口の1/4がビオコ島に、残りがリオ・ムニに居住しています。

 伝承によれば、ビオコ島はもともと無人島でしたが、13世紀、現在のブビ人の祖先にあたる人々が、カメルーンおよびリオ・ムニのファン人の攻撃を逃れ、アフリカ本土から同島に移住し、定着するようになったとされており、現在でもビオコ島の住民の多くはブビ人です。

 これに対して、大陸側のリオ・ムニではファン人が圧倒的な多数派を占めており、赤道ギニア全体としては、ファン人が全人口の80%、ブビ人が同15%という割合になっています。

 ブビ人とファン人はいずれもバントゥー系ですが、言語はブビ語とファン語で全く異なっており、文化的な差異も多きかったうえ、居住地域も異なっていました。

 しかし、列強によるアフリカ分割の過程で、ビオコ島(スペイン統治時代の呼称はフェルナンド・ポー)とリオ・ムニは“スペイン領ギニア(後にスペイン領赤道ギニア)”として、一括してスペインの植民地とされます。

 スペインの植民地当局は、典型的な分割統治政策として、少数派のブビ人を優遇。現在でもブビ人の識字率が90%を上回っている一方、ファン人は70%以下となっているのは、その名残といえましょう。

 第二次大戦後、スペインからの独立が具体的に検討されるようになると、ブビ人は、少数派としての権利が保障されない可能性が大きいとして、“ブビ同盟”を結成し、独立に際しては、ビオコ島をリオ・ムニから分離するよう求めましたが、その要求は却下され、1968年、両地域を統合した赤道ギニア国家が独立。ファン人のフランシスコ・マシアス・ンゲマが初代大統領に就任します。

 初代大統領のフランシスコ・マシアス・ンゲマは、東西冷戦という国際環境の下で親ソ姿勢を鮮明にし、1970年には共産諸国の一党独裁体制に倣って与党・労働国民統一党以外の政党を禁止。1972年7月にはみずから終身大統領を宣言して、反政府勢力とみなした国民を容赦なく粛清しました。なかでも、ブビ人に対する迫害・虐殺政策は苛烈を極め、スペイン統治下でブビ人に与えられていた特権や少数派としての保護の多くが剥奪され、ブビ人の政治活動もほぼ全面的に禁止。ブビ人有力者の多くが粛清され、彼らの1/3は恐怖支配を逃れて国外に亡命したといわれています。こうした惨状は“アフリカのアウシュヴィッツ”と恐れられ、国際社会の激しい非難を浴びました。

 マシアスは、1979年8月、甥のテオドロ・オビアン・ンゲマのクーデターにより殺害されたが、その後も、現在まで超長期独裁政権を維持し続けるンゲマの下、ブビ人に対する人権抑圧は継続されています。

 これに対して、1993年、ブビ人民主活動家のマーティン・プエは既存のブビ同盟から分れて“ビオコ自治運動(MAIB)”を結成。ブビ人がビオコ島では多数派であるという条件や、伝統的な酋長の支援を生かし、ンゲマ政権に対し分離要求を行ったが、政権は一切の譲歩を拒否し続けています。

 こうした中で、1998年1月21日、首都マラボでMAIBによる反政府暴動が発生すると、政権側はこれを徹底的に弾圧。MAIBの指導者、マーティン・プエも、同年5月、反逆の罪で軍事裁判所にかけられ、禁錮26年の判決を受けましたが、収監後まもない同年7月、激しい拷問を受けた上、肺炎を病み、マラボの病院で亡くなりました。

 現在も、旧宗主国のスペインやアムネスティ・インターナショナルなどがンゲマ政権によるブビ人弾圧を非難しています。しかし、1992年にビオコ島沖でスタートした原油生産は、ピーク時で日量40万バレル水準を達成し、赤道ギニアがサハラ砂漠以南のアフリカで第3の規模を誇る産油国となったことから、西側諸国の多くは石油利権を重視し、政権に対して好意的な姿勢を取っています。このため、国際世論の圧力でブビ人の状況が改善される可能性は極めて低いのが実情です。

 さて、『世界の切手コレクション』3月22日号の「世界の国々」では、ビオコ島のブビ人について扱った長文コラムに加え、現地のクリスマス、林業、捕鯨、スペイン内戦との関係を示す切手などもご紹介しております。機会がありましたら、ぜひ、書店などで実物を手に取ってご覧いただけると幸いです。

 なお、 「世界の国々」の僕の担当回ですが、今回の赤道ギニアの次は、本日(22日)発売の3月29日号でのパナマの特集(2回目)になります。こちらについては、発行日の29日以降、このブログでもご紹介する予定です。 
    

★★★ ブラジル大使館推薦! 内藤陽介の『リオデジャネイロ歴史紀行』  ★★★ 

       リオデジャネイロ歴史紀行(書影) 2700円+税

 【出版元より】
 オリンピック開催地の意外な深さをじっくり紹介
 リオデジャネイロの複雑な歴史や街並みを、切手や葉書、写真等でわかりやすく解説。
 美しい景色とウンチク満載の異色の歴史紀行!
 発売元の特設サイトはこちらです。


 ★★ ポストショップオンラインのご案内(PR) ★★

 郵便物の受け取りには欠かせないのが郵便ポストです。世界各国のありとあらゆるデザインよろしくポストを集めた郵便ポストの辞典ポストショップオンラインは海外ブランドから国内製まで、500種類を超える郵便ポストをみることができます。
スポンサーサイト

別窓 | 赤道ギニア | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 岩のドームの郵便学(49) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  東京でソメイヨシノ開花>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/