内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ボーパールのトラ対策
2017-05-01 Mon 23:09
 インド中部のボーパール(マディヤプラデシュ州)で29日に開かれた集団結婚式で、州政府が花嫁への贈り物として長さ約30センチの木製のへらを配り、夫の酒癖が悪くなったり暴力を振るうようになったりしたら武器として使うよう助言したそうです。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      ボーパール・虎(1940)

 これは、1940年にボーパール藩王国で発行された“トラ”の切手です。 20世紀初頭のインド亜大陸では、野生のベンガルトラが約10万頭が棲息していました。当時のインドの山間地域では、ベンガルトラに襲われて怪我をしたり、命を落としたりする人も少なからずあり、トラの脅威からいかにして身を守るかということが重要な課題となっていましたが、その後、開発に伴う棲息地の自然環境の破壊に加え、毛皮や骨(漢方薬で用いられるため、高値で取引されます)を目的とした乱獲によりトラの個体数は激減し、現在ではワシントン条約の規制対象となっています。

 その一方で、飲酒によって“大トラ”となるインド人男性は増加傾向にあり、酒に酔った夫が暴力をふるうなどの虐待を妻に対して行ったり、妻の貯金を無断で引き下ろして酒を買ったりするなどの事例が後を絶たないそうです。しかしながら、多くの場合、妻たちの訴えに対して警察が動くことはほとんどなく、大半は泣き寝入りせざるを得ないのが実情で、そのことが、今回の新婦への木ヘラの配布につながりました。ちなみに、木ヘラには「飲んだくれのお仕置き用」、「警察は仲裁してはくれない」と印字されているそうです。

 さて、1947年のインド独立以前、ボーパールの地は1707年に創立されたボーパール藩王国の支配下に置かれていました。

 1868年に即位した女性君主のスルターン・シャー・ジャハーン・ベグムは藩王国の近代化に努め、その治世下で最初の切手も発行されました。その発行年代は、スタンリー・ギボンズのカタログでは1872年とされていますが、1876年説もあります。当初の切手石版印刷で、八角形の枠の中に“シャー・ジャハーン”の印章をエンボスしたものでした。

 今回ご紹介の切手は、1928年に即位した最後の藩王、ナワーブ・ムハンマド・ハミードゥッラーの治世下で1940年に発行された4分の1アンナ切手で、右側には、藩王国の紋章が入っています。

 なお、1947年8月15日のインド独立後、ボーパール藩王国は、一時期、インド・パキスタンのどちらにも属さない独立国家としての存続を模索しましたが、最終的に断念。1949年6月1日、ナワーブは正式にインドとの統合条約に調印します。これに伴い、ボーパールでも1950年4月1日からインド切手が発売されるようになり、5月1日付で、旧藩王国時代の切手は無効となりました。

 
 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。
スポンサーサイト

別窓 | インド藩王国 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 八十八夜 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  仏強襲揚陸艦が佐世保入港>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/