内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 きょう、フランス大統領選決選投票
2017-05-07 Sun 23:49
 フランスでは、きょう(7日)、保守派のマリーヌ・ル・ペン候補とリベラルのエマニュエル・マクロン候補の間で、大統領選挙の決選投票が行われます。というわけで、今日はこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

       フランス・マリアンヌ(2013)

 これは、2013年に発行されたフランスの現行普通切手で、フランスを象徴する女性“マリアンヌ”がデザインされています。

 フランスでは、政権交代のたびに“マリアンヌ”を題材にした新デザインの普通切手が発行されていますが、オランド政権下で発行されたこの切手に関しては、モデル(の1人)をめぐって、切手発行当時、かなりの物議を醸したことは記憶に新しいところです。

 事の発端は、今回ご紹介の切手の報道発表にあわせて、デザイナーのオリビエ・シアパが「マリアンヌのモデルのひとりはインナ・シェフチェンコだ」との趣旨のツイートを投稿したことにあります。

 シェフチェンコはウクライナからフランスに政治亡命したフェミニスト過激派“FEMEN”フランス支部の活動家で、(彼女たちの理解による)女性の性的搾取や性差別、宗教団体に対するトップレス姿での抗議活動を行い、しばしばメディアを賑わせている人物です。まぁ、言論の自由が認められている以上、抗議活動そのものは、他人に危害を及ぼしたり、明らかに法令に反したりしない限り、それなりに認められるべきだとは思いますが、トップレス姿になることが、なぜ、抗議の意を示すことになるのか、僕にはさっぱりわかりませんがね。いずれにしても、彼女の主義主張の是非は別として、フランスでは“お騒がせ”の常習犯であることは間違いなさそうです。

 シアパのツイートを受けて、保守系の団体の間に新たな切手のボイコットを呼びかける動きが広まったため、シアパも報道機関のインタビューに対して「新しい切手のモデルは複数の人物を組み合わせたもので、そのなかには、シェフチェンコのほか、女優のマリオン・コティヤールや法相のクリスティアーヌ・トビラも含まれる」と説明し、事態の鎮静化に躍起となりました。

 ところが、当のシェフチェンコは、そうした関係者の苦労をよそに、「これからホモフォビア(同性愛嫌悪)や過激派、ファシストは、手紙を送るときに私の尻をなめなくちゃならないわね」と挑発。さらなるに炎上を煽り、騒動はしばらく続きました。

 さて、一般的なイメージでは、同性愛に寛容なリベラルと否定的な保守派と語られがちですが、少なくともフランスに関しては事態はそう簡単ではありません。たとえば、中東・北アフリカからの移民2世・3世でフランス国籍を持つ人たちの間には、ムスリムが少なからず含まれていますが、彼らは自らの信仰ゆえに同性愛には否定的です。このため、保守派の中には、ムスリムが同性愛を否定していることを理由(の一つ)として、移民の制限を主張している人も少なくありません。たとえば、今回の大統領選挙に出馬しているル・ペン候補もその一人です。

 また、フランス国民の7割はカトリックの信徒ですが、それゆえ、(あからさまに差別的な言動こそとらないものの)同性愛に対して否定的な傾向の人も少なくありません。じっさい、2013年にフランスで同性婚が合法化された際には、カトリックなどの宗教勢力を中心に、数十万人が同性婚反対のデモを展開しました。ちなみに、ル・ペン本人はカトリックの信徒ですが、離婚歴があり、同性愛と妊娠中絶は容認するという立場ですから、宗教保守派などから見ると(この問題に関しては)“リベラル”に近いとみられかねません。このため、彼女は苦肉の策として、大統領に当選すれば、同性婚の合法化を取り消すことを公約としています。

 このように、同性婚の是非という問題は、“保守”の分裂要因になりかねない一方で、社会の多様性を主張し、移民(特にイスラム系の移民)の権利擁護を訴えるリベラルに対して、当の移民たち(の多く)は決して賛同しないというねじれを生み出すもとになっており、なかなか一筋縄では行かないのが実情です。

 いずれにせよ、新大統領が決まれば、フランスの普通切手のデザインも一新されることになるでしょうが、今度こそは、妙な炎上騒ぎを起こさないでほしいというのが担当者の本音でしょうな。


 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。
スポンサーサイト

別窓 | フランス:第5共和政 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<< フランス大統領と“EN MARCHE” | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  切手に見るソウルと韓国:朝鮮戦争参戦の豪州>>
この記事のコメント
#2441
欧米のリベラルは実際の社会の良し悪しを基準にしているのではなくて自らのことだけにしか関心がないのでしょうかね、独り善がりというか。少なくともルペン氏はテレビでいっているような極右ではないですね。

日本のリベラルも中華思想やウリナラ民族性に固執している反日なひとたちに寛容であろうとする矛盾がありますね。しかし日本のリベラルは反日なので嫌いな日本への当てこすりでそうなっているかもしれませんが。
2017-05-08 Mon 01:01 | URL | kuma #V4rYaZBU[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/