内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 7国・地域がカタールと断交
2017-06-06 Tue 11:41
 アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、イエメン、サウジアラビア、エジプト、モルディブのイスラム圏6ヵ国とリビア東部を支配するリビア臨時政府は、昨日(5日)、カタールとの国交断絶を発表しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      カタール・ガザの涙

 これは、2009年にカタールが発行した“ガザの涙”と題する切手です。

 パレスチナ自治政府内部では、発足当初から、PLO傘下のファタハとイスラム原理主義勢力のハマース(ハマス)が対立し、各地で散発的な戦闘が発生していました。2007年6月、ハマースがガザ地区を武力制圧。現在に至るまで、ガザ地区はハマースが、ヨルダン川西岸地区はファタハが事実上支配しています。
 
 さて、対イスラエル強硬派のハマスがガザ地区を支配下に置くと、イスラエルはガザへの人や物の出入りを従来にもまして厳しく制限。これに反発したハマースは、2008年1月9日、ブッシュ米大統領のイスラエル・パレスチナ歴訪に合わせてイスラエルへのロケット弾攻撃を敢行し、イスラエルがその報復としてガザを完全封鎖。さらに、同年12月27日から翌2009年1月18日まで、イスラエルはガザ地区に対して大規模な攻撃を行いました。

 今回ご紹介の切手は、そうした状況を踏まえ、イスラエルのガザ攻撃を非難し、ハマス政府を支持する意図を込めてカタールが発行したものです。

 ところで、ハマースの最大の支援国は、かつては、シリアとイランで、サウジも一定の資金援助と軍事支援を行っていました。しかし、世界的に反テロ気運が盛り上がってきたことにくわえ、サウジにとっては最大の敵国であるイランがハマースを支援していることもあり、現在のサウジは反ハマースの立場を船名にしています。

 2011年にシリア内戦が勃発し、諸勢力が血みどろの戦闘を展開する中で、スンナ派原理主義勢力としてのハマスは、シリアのアサド政権(アサド本人はシーア派系のアラウィー派ですが、政権全体としては世俗主義)と距離を置き、スンナ派系の反体制派への支持を表明。この結果、ハマースはアサド政権と決別しましたが、イランがこの“背信”を批難すると、イランとハマスの関係も冷却化します。

 こうした状況の中で、2012年10月23日、カタールのハマド首長(当時)は、ハマースのガザ制圧以来、外国元首として初めてガザ地区を訪問してハマースを支持する姿勢を鮮明にしました。

 もともと、カタールの外交政策は、長年にわたって(事実上の)敵対関係にあるバハレーンに対抗するため、その後ろ盾となっているサウジの影響力をいかに抑え込むかということを基本方針の一つとしています。ちなみに、バハレーンの首長家とサウジ王家は縁戚関係にあり、それゆえ、バハレーンは“サウジの事実上の保護国”と呼ばれることもあります。

 このため、サウジをはじめとする湾岸首長国が、安全保障上の最大の脅威(ちなみに、イランに言わせると「バハレーンは歴史的にイランの領土だった」そうです)としてイラン敵視政策を採る中で、カタール・イラン関係は比較的良好な関係を保ってきました。また、2014年以来のイエメン内戦では、カタールは、シーア派系武装組織“フーシ派”と戦うために結成されたサウジアラビア主導の国際連合軍に参加していながら、フーシ派とも密かに関係を維持していたとされています。ハマースとの関係も、反サウジ勢力とも一定のパイプを維持しておくことで、湾岸アラブ諸国の中で圧倒的なプレゼンスを有するサウジに対抗する切り札として、これを活用したいとの思惑があったものと考えられます。

 今回の断交の直接のきっかけは、今年5月のトランプ米大統領のサウジ訪問後、タミーム現首長が、米大統領とサウジ国王はイランを世界の主要テロ支援国と名指しし、反イランの機運を醸成していると非難。あわせて、ハマスを支持する発言も行ったとの主旨の報道が流れたことにあるとされています。報道内容について、カタール政府は事実関係を否定し、ハッキング被害に遭ったものだと主張しましたが、サウジや他の湾岸諸国はアルジャジーラなどカタールのメディアを遮断。各国のマスコミはカタールの外交姿勢を痛烈に批判する報道を続けていました。

 ちなみに、今回のカタールとの断交は、まず、長年の宿敵であるバハレーンが5日朝に国交断絶を宣言し、これに、サウジ、エジプト、UAEが続き、さらにイエメン、モルディヴ、リビア臨時政府が加わるというかたちになりました。サウジ外務省は、カタール政府が①国内にテロ組織を住まわせテロを支援している、②報道機関でテロ組織の宣伝を行っている。③カティーフ県にいるイランと関わりがあるテロ行為を支援している、④過激派組織に居住許可を与えている、⑤イエメンのフーシ派を支援している、ことから、“国の治安のため”カタールとの断交に踏み切ったと説明しています。

 今回の断交措置を受けて、サウジ、UAE、エジプト、バハレーンは、カタール籍の航空機や船舶が自国の領空や領海を通過することを禁止し、在留カタール人は2週間以内の国外退去を命じるとともに、自国民のカタールを訪問も禁止しています。郵便史的な関心からすると、上記4カ国経由でのカタール発着の郵便物の取り扱いも停止されるわけで、返戻便や大幅な迂回ルートで逓送されたカバーなど、興味深いマテリアルがいろいろと生まれそうです。

 いずれにせよ、今回の一件は今後もしばらく尾を引きそうですので、状況の変化に合わせて、このブログでもいろいろフォローしてみたいと思います。

 
 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。
スポンサーサイト

別窓 | カタール | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の国々:タジキスタン | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  第三次中東戦争勃発50年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/