内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 男子400リレーで銅メダル
2017-08-13 Sun 08:52
 ロンドンで開催中の世界陸上競技選手権大会(以下、世陸)は、日本時間の現地時間の12日夜(日本時間13日朝)、男子400メートルリレー決勝が行われ、日本(多田修平=関西学院大、飯塚翔太=ミズノ、桐生祥秀=東洋大、藤光謙司=ゼンリン)は、38秒04のタイムで銅メダルとなりました。この種目での日本のメダル獲得は、昨夏のリオデジャネイロ五輪がありますが、世陸では初めてです。というわけで、今日はリレーを取り上げた切手の中から、この1点です。(画像はクリックで拡大されます)

      ソ連・モスクワ五輪(リレー)

 これは、1980年にソ連が発行したモスクワ五輪の記念切手のうち、陸上のリレー競技を取り上げたシートです。

 1980年に開催されたモスクワ五輪は、ソ連軍のアフガニスタン侵攻に抗議して日本を含む西側諸国がボイコットしました。この時の経験から、国際政治の影響を受けず、純粋にアスリートの優劣を競うための国際大会を開催すべきとの声が高まり、世陸の開催が検討されるようになり、1983年、フィンランドのヘルシンキで第1回大会が開催されました。

 当初、世陸は五輪と同じ4年間隔で、ご珍の前年に開かれていましたが、1993年のドイツ・シュトゥットガルト大会以降は、奇数年の隔年開催となり、現在に至っています。また、当初は欧州での開催でしたが、2005年のヘルシンキ大会以降、アジアと欧州での交互開催となり、さらに、2021年大会は米オレゴン州ユージーンでの開催が決まっています。なお、わが国では、これまでに、1991年の東京大会と2007年の大阪大会の2度の大会が開催されています。

 世陸は、五輪よりも参加する国・地域が多いことに加え、世界記録の更新も多いことから、陸上競技では世界最高峰の大会と位置付けられています。ちなみに、わが国はこれまでに、世陸では金4、銀6、銅13の計23個のメダルを獲得していますが、最初のメダル獲得は1991年の東京大会(女子マラソンの山下佐知子が銀、男子マラソンの谷口浩美が金)でした。


 ★★★ トークイベントのご案内  ★★★ 

      タウンミーティング in 福山

  2017年9月17日(日) 14:00~、広島県立ふくやま産業交流館で開催の「日本のこころタウンミ-ティング in 福山」に憲政史家の倉山満さんとトークイベントをやります。お近くの方は、ぜひ、ご参加ください。なお、イベントそのものの詳細は、こちらをご覧ください。
      
 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。
スポンサーサイト

別窓 | ソ連:ブレジネフ時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 1万人でサマン・ダンス | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  113歳のアウシュヴィッツ生還者亡くなる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/