FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ダマスカス国際見本市に砲撃
2017-08-21 Mon 11:20
 きのう(20日)、シリアの首都ダマスカスで開催中の国際見本市の会場近くに、ロケット弾が撃ち込まれ、この記事を書いている時点で少なくとも5人の死亡が確認されました。というわけで、亡くなられた方々の御冥福と負傷された方々の一日も早い御快癒をお祈りしつつ、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      シリア・ダマスカス国際見本市(1954)

 これは、1954年9月2日、第1回ダマスカス国際見本市にあわせて発行された記念切手で、ダマスカスの象徴であるウマイヤ・モスクとシリア国旗が描かれています。

 ダマスカス国際見本市は、アディーブ・シーシャクリー政権下の1953年布告第14号堕開催が決定され、シーシャクリー失脚後の1954年9月、アターシー政権下で開催されました。当初の会場は市内中心部、バラダ河畔の国立博物館からウマイヤ広場にいたる敷地面積25万平米の土地で、1月間の会期中、26ヵ国から100万人の来場者を迎えて盛況のうちに終了しました。このため、当初1回限りのイベントとして企画された国際見本市は、1955年の法令第40号により、定期開催することとされました。

 その後、ダマスカス国際見本市はアラブ世界随一の国際見本市として発展し、参加企業・来場者も増加して会場が手狭になったことから、市内中心部からダマスカス国際空港にいたる途中の120万平米の土地に会場を移して行われていました。

 しかし、2011年3月にシリア内戦が始まったことから、治安の悪化を理由に同年の国際見本市が中止され、以後、国際見本日は開催されない状況が続いていました。しかし、最近、アサド政権優位で戦況が確定しつつあることを受けて、紛争と経済制裁で荒廃した国家の再建をアピールしようと、今回、6年ぶりに再開され、会期は8月17-26日。アサド政権を支援するロシアやイランをはじめ海外企業が多数参加していました。

 今回の砲撃については、この記事を書いている時点では、いかなる勢力によるものなのか明らかになっていません。ただし、ダマスカス郊外県東グータ地区には、穏健反体制派のウンマ軍が拠点を置いてダマスカスへの散発的な攻撃を続けていることから、今回の砲撃についても彼らが関与している可能性が高いとみられているようです。

 なお、シリア内戦にいたるシリアの現代史については、インターネット放送・チャンネルくららにて毎週木曜日配信の「楽しく学ぼう シリア現代史」でも解説しております。今年2月に始まった番組は、第一次大戦以前のオスマン帝国時代から話を始めて、8月17日の配信で第三次中東戦争までたどり着きました。現在のペースで行くと、シリア内戦の話は2018年に入ってからのことになりそうですが、気長にお付き合いいただけると幸いです。


 ★★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史”  次回は24日★★★ 

 8月24日(木)16:05~  NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第7回が放送予定です。今回は、放送日が独立記念日のウクライナにスポットを当ててお話をする予定です。みなさま、よろしくお願いします。なお、高校野球の順延などにより、24日の放送がなくなる可能性もありますが、その場合はあしからずご容赦ください。なお、番組の詳細はこちらをご覧ください。


 ★★★ トークイベントのご案内  ★★★ 

      タウンミーティング in 福山

  2017年9月17日(日) 14:00~、広島県立ふくやま産業交流館で開催の「日本のこころタウンミ-ティング in 福山」に憲政史家の倉山満さんとトークイベントをやります。お近くの方は、ぜひ、ご参加ください。なお、イベントそのものの詳細は、こちらをご覧ください。
      
 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。
スポンサーサイト

別窓 | シリア共和国 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 米国横断の皆既日食 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  蚊の日>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/