FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 マレーシア独立記念日
2017-08-31 Thu 22:37
 きょう(31日)は、1957年8月31日、現在のマレーシアの前身であるマラヤ連邦が英国からの独立を達成したことにちなみ、マレーシアの独立記念日です。というわけで、今年は60周年の節目の年でもありますし、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      マラヤ連邦(国章・1957年)

 これは、1957年5月5日、マラヤ連邦として発行された最初の切手のうち、連邦の国章を描いた12セント切手です。
 
 第二次大戦以前、英国支配下のマレー半島は、①ペナンマラッカシンガポールを中心とした直轄の海峡植民地、②スルターンを通じて間接統治を行うマレー連邦州(ペラ、スランゴール、ヌグリ・スンビラン、パハン)と、③マレー連邦への加盟を拒否したスルタンの非連邦州(ジョホールプルリスクランタンクダー、トレンガヌ)に分かれていました。

 第二次大戦中、これらの地域は日本軍に占領されましたが、戦後、日本軍が撤退すると英国は植民地支配の再開にあたって、シンガポールを除くマレー半島をすべてマラヤ連合として統合しようと考えます。このときのマラヤ連合の構想では、スルターンの権限を縮小し、各州に配置される英国人知事が行政を担当することになっていたほか、中国系やインド系を含むすべての人種に平等な市民権を与えるなどの方針となっていました。

 このため、人口的には多数派を占めていながら、経済的には少数派の華人の後塵を拝し続けてきたマレー人は、英国の提案した“平等”に猛反発。このため、一応、1946年にマラヤ連合は発足したものの、英国は翌1947年にマラヤ連合との間でマレー人の特権を認める連邦協定を結び、1948年にマラヤ連邦が発足します。その後、英国との交渉で独立の確約を得たトゥン・アブドゥル・ラーマン初代首相は、1956年2月20日、マラッカでマラヤ連邦の独立を宣言。各種の手続きを経て、1957年8月31日、マラヤ連邦の独立が正式に承認されました。

 切手に取り上げられた国章は1948年にマラヤ連邦成立に際して制定されたもので、中央の盾には、それまでのマレー連合州の4州を表す赤白黒黄に加え、非連合州を表す5本のクリスを上方に、左と右に海峡植民地のペナンとマラッカの紋章がデザインされています。その後、1963年のマレーシア成立で、シンガポール、サバ(旧英領ノース・ボルネオ)、サラワクが加わりましたが、1965年にはシンガポールが離脱。このため、現在の国章はこれを反映して、今回ご紹介の切手に描かれているものとは微妙にデザインが異なっています。

 * 昨日(30日)のNHK・BSプレミアム「アーススキャナー~“空白地帯”の謎に迫る~」は、無事、放送が終了しました。ご視聴いただいた皆様には、この場をお借りしてお礼申し上げます。


 ★★★ NHKラジオ第1放送 “切手でひも解く世界の歴史”  次回は7日!★★★ 

 9月7日(木)16:05~  NHKラジオ第1放送で、内藤が出演する「切手でひも解く世界の歴史」の第8回が放送予定です。今回は、1999年のパナマ運河返還を決めた新パナマ運河条約の調印(1977年9月7日)から40周年ということで、パナマにスポットを当ててお話をする予定ですので、よろしくお願いします。なお、番組の詳細はこちらをご覧ください。

 ★★★ トークイベントのご案内  ★★★ 

      タウンミーティング in 福山

  2017年9月17日(日) 14:00~、広島県立ふくやま産業交流館で開催の「日本のこころタウンミ-ティング in 福山」に憲政史家の倉山満さんとトークイベントをやります。お近くの方は、ぜひ、ご参加ください。なお、イベントそのものの詳細は、こちらをご覧ください。
      
 ★★★ 内藤陽介 『朝鮮戦争』(えにし書房) 重版出来! ★★★ 

      朝鮮戦争表紙(実物からスキャン) 本体2000円+税

 【出版元より】
 「韓国/北朝鮮」の出発点を正しく知る!
 日本からの解放と、それに連なる朝鮮戦争の苦難の道のりを知らずして、隣国との関係改善はあり得ない。ハングルに訳された韓国現代史の著作もある著者が、日本の敗戦と朝鮮戦争の勃発から休戦までの経緯をポスタルメディア(郵便資料)という独自の切り口から詳細に解説。解放後も日本統治時代の切手や葉書が使われた郵便事情の実態、軍事郵便、北朝鮮のトホホ切手、記念切手発行の裏事情などがむしろ雄弁に歴史を物語る。退屈な通史より面白く、わかりやすい内容でありながら、朝鮮戦争の基本図書ともなりうる充実の内容。

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。
スポンサーサイト

別窓 | マレーシア(独立後) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 石澤良昭氏にマグサイサイ賞 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  NHK・BSプレミアム アーススキャナー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/