FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 ヴェネズエラ、仮想通貨導入へ
2017-12-04 Mon 17:49
 深刻な財政危機に陥っているヴェネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、3日、米国による経済制裁に対抗するためとして、国内の石油、天然ガス、金、ダイヤモンドなどの資源によって保証される仮想通貨“ペトロ(Petro)”を導入すると発表しました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      ヴェネズエラ・石油国有化

 これは、1976年にヴェネズエラが発行した石油国有化の記念切手で、パイプラインのバルブが描かれています。

 ヴェネズエラにおける石油産業は、1918年に北西部マラカイボ湖の湖底と湖岸に油田が発見されたことからスタートし、1930年代には、それまでのコーヒーとカカオを抜き、同国最大の輸出産業に成長しました。

 ちなみに、ヴェネズエラでは、1943年以降、石油産業に対する所得税制を施行し、1948年には新たに付加税を制定。以後、メジャーを中心とする開発会社と資源国の政府で石油利益を折半する“ヴェネズエラ方式”が世界的に普及することになったほか、課税所得額算定の基準となる原油1バレル当たり輸出価格を公示する必要から、原油公示価格制度が導入されることになります。

 1976年には石油国有化が宣言され、ベネズエラ国営石油会社(PDVSA)が設立されます。この時点では、マラカイボ湖周辺の油田から産出される軽質油が中心でしたが、1990年代に入ると、オリノコ川流域の油田から産出されるオリノコ超重質油の精製が可能になり、ヴェネズエラの石油の生産量が飛躍的に増大し、ヴェネズエラ経済は活況を呈しました。

 ところが、1983年2月18日の原油価格暴落を機に通貨危機が発生。以後、ヴェネズエラの通貨、ボリヴァルは下落の一途をたどり、かつて1米ドル=3.18ボリヴァルだった交換レートは、ウーゴ・チャヴェス政権(1999年発足)下の2003年2月5日には1米ドル=1600ボリヴァルにまで暴落しました。

 このため、2008年1月1日付で、1000分の1のデノミが実施され、“強いボリヴァル”を意味する新通貨、ボリヴァル・フェルテが導入されます。しかし、チェヴェス政権末期から始まった原油価格の低迷もあって、その後もヴェネズエラ通貨の下落に歯止めはかからず、2016年には、当時のヴェネズエラの最高額紙幣の100ボリヴァルは、公定レートでも米ドル換算で15セント、市中の実勢交換レートでは2セントにしかならないほどに下落。マドゥロ政権(2012年発足)は、同年12月11日、72時間以内に現行の100ボリヴァル紙幣を撤廃して硬貨に入れ替えるとともに、500、5000、2万ボリヴァルの新紙幣を発行すると突如発表。このため、100ボリヴァル紙幣が廃止される前に米ドルなどに交換すべく、ヴェネズエラ市民が国境を越えてコロンビアに殺到します。

 ところが、新紙幣流通開始予定日の12月15日になっても新紙幣は市中には出回らなかったことにくわえ、同日、マドゥロ政権は「マフィアがヴェネズエラの通貨をコロンビアに移動させている」としてコロンビアとの国境を封鎖したことから混乱が拡大。結局、旧50および100ボリヴァル紙幣に代わる新硬貨は、当初予定より10日以上遅れた28日から市中での流通が始まったものの、新紙幣が本格的に流通するようになったのは年が明けた2017年1月16日のことでした。

 さらに、チャヴェス政権の反米路線を継承したマドゥロ政権は、野党を封じ込めるため、2017年5月1日、従来から存在する国会(国民議会)とは別に“制憲議会”の招集を発表。7月30日、内外の反対を押し切って制憲議会選挙を強行しました。8月4日に発足した制憲議会は、同月18日、国民議会から立法権を剥奪し、行使することを決定し、ヴェネズエラは事実上の一党独裁体制に移行しました。

 これに対して、米国は、米国民と米国企業に対し、ヴェネズエラ政府やPDVSAが新たに発行する債券の取引を禁止する経済制裁を発動。このため、マドゥロ政権は、従来にもまして対米批判を強めたほか、「米帝国主義制度を除去する」として、自国産原油の価格表示を米ドルから人民元に変更。その流れで、今回の仮想通貨導入に踏み切ったというわけです。

 もっとも、ペトロはヴェネズエラ国内の天然資源によって保障されることになっているとはいうものの、関連企業は代金の不払いを理由に操業を停止しており、ヴェネズエラの石油の生産量は13年ぶりの低水準を記録しています。また、先月には、ヴェネズエラ政府とPDVSAの一部の債務がデフォルト(債務不履行)に陥っており、この結果、約650億ドルもの債務の支払いも不可能になる見込みで、事態が悪化することは避けられず、ペトロの導入が金融危機の解決策となる公算は小さいとみられています、


★★ 内藤陽介の最新刊 『パレスチナ現代史 岩のドームの郵便学』 ★★

      パレスチナ現代史・表紙 本体2500円+税

 【出版元より】
 中東100 年の混迷を読み解く! 
 世界遺産、エルサレムの“岩のドーム”に関連した郵便資料分析という独自の視点から、複雑な情勢をわかりやすく解説。郵便学者による待望の通史!

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。

スポンサーサイト

別窓 | ヴェネズエラ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< イエメン前大統領、死亡 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  ホンジュラスで非常事態宣言>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/