FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 世界海洋デー
2018-06-08 Fri 14:04
 きょう(8日)は、「海の重要性に気づき、感謝する日」という“世界海洋デー”です。というわけで、こんな切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      キューバ・グランマ国立公園(2003)

 これは、2003年にキューバで発行された“エコ・ツーリズム”の切手のうち、“グランマ号上陸記念国立公園”を取り上げた1枚です。

 1956年11月25日深夜、フィデル・カストロらキューバ革命の志士たちはグランマ号でメキシコのトゥスパンを出航し、1週間後の12月2日明け方、キューバ島オリエンテ州(当時)ラス・コロラダス海岸に上陸しました。

 ラス・コロラダス海岸を含むシエラ・マエストラ西側斜面の石灰岩段丘は、石灰岩の海岸段丘としては世界最大規模の高低差540メートル(海抜標高360メートルから水深180メートル)があり、その景観と地学上の重要性、多様な動植物相で知られています。

 なお、オリエンテ州は、1976年、グランマ号の上陸地点の所在地であることにちなみ“グランマ州”に名称が変更されましたが、その後の1986年、ラス・コロラダス海岸を含む418.63平方キロの範囲が“グランマ号上陸紀念国立公園”に、さらに、1999年、そのうちのクルス岬を含む325.76平方キロの範囲が“クルス岬の海岸段丘地形”として世界遺産にも登録されました。

 さて、現在制作中の拙著『チェ・ゲバラとキューバ革命』では、グランマ号上陸記念国立公園の名前の由来となったグランマ号上陸事件とその関連の切手・絵葉書も、いろいろとご紹介しております。正式な刊行日等、同書についての詳細が決まりましたら、このブログでも随時ご案内いたしますので、よろしくお願いします。


★★★ 近刊予告! ★★★

 えにし書房より、拙著『チェ・ゲバラとキューバ革命』が7月刊行予定です!
 詳細につきましては、今後、このブログでも随時ご案内して参りますので、よろしくお願いします。

      ゲバラ本・仮書影

(画像は書影のイメージです。刊行時には若干の変更の可能性があります) 

 なお、当初、『チェ・ゲバラとキューバ革命』は、2018年5月末の刊行を予定しておりましたが、諸般の事情により、刊行予定が7月に変更になりました。あしからずご了承ください。


★★ 内藤陽介の最新刊 『パレスチナ現代史 岩のドームの郵便学』 ★★

      パレスチナ現代史・表紙 本体2500円+税

 【出版元より】
 中東100 年の混迷を読み解く! 
 世界遺産、エルサレムの“岩のドーム”に関連した郵便資料分析という独自の視点から、複雑な情勢をわかりやすく解説。郵便学者による待望の通史!

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。 
スポンサーサイト

別窓 | キューバ:フィデル時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 世界の切手:ミャンマー | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  キルギスで反“誘拐婚”デモ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/