FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 本日未明、ベルギー戦
2018-07-03 Tue 00:04
 サッカーのW杯は、本日未明(日本時間3日03時)、日本代表がベルギー代表と戦います。というわけで、ベルギーのスポーツ切手の中から、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

      ベルギー・アントワープ五輪

 これは、1920年5月20日にベルギーが発行したアントワープ(アントウェルペン)五輪の記念切手のうち、古代ギリシャ風のランナーを描く1枚で、第一次大戦での負傷兵のための寄附金(額面と同額)を上乗せして販売されました。きょうの試合でも、こんな感じで腕を前方に突き出しながら走る選手の姿が見られそうですね。

 第6回のオリンピックは、当初、1916年にドイツのベルリンで開催される予定でしたが、第一次大戦が勃発したため、開催が不可能となりました。このため、終戦後の1919年、IOC会長のクーベルタンは5年ぶりにIOC総会を招集。総会では、1920年の大会開催地が議論となり、ベルギーのアントワープが選ばれました。

 なお、当時は冬季五輪と夏季五輪が区別されなかったため、アントワープ五輪は、1920年4月20日の開会式の後、4月にスケートなどの冬季種目を行った後、いったん休会となり、8月14日から9月12日まで夏季競技が行われるという日程になっていました。ちなみに、冬季大会が夏季大会から独立したイベントとなったのは、1924年のシャモニー五輪が最初のことです。

 アントワープ五輪は選手宣誓と五輪旗掲揚が行われた最初の大会で、第一次世界大戦敗戦国のドイツオーストリアハンガリーブルガリアオスマン帝国は参加が許されませんでした。また、男子テニス・ダブルスの熊谷一弥と柏尾誠一郎が、日本選手として初のメダル(銀)を獲得したほか、熊谷はシングルスでも銀メダルを獲得しています。

 
★★★ 全日本切手展のご案内  ★★★ 

 7月20-22日(金-日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびにチェコ切手展が開催されます。主催団体の一つである全日本郵趣連合のサイトのほか、全日本切手展のフェイスブック・サイト(どなたでもご覧になれます)にて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展2018ポスター

 *画像は実行委員会が制作したポスターです。クリックで拡大してご覧ください。


★★★ 近刊予告! ★★★

 えにし書房より、拙著『チェ・ゲバラとキューバ革命』が近日刊行予定です!
 詳細につきましては、今後、このブログでも随時ご案内して参りますので、よろしくお願いします。

      ゲバラ本・仮書影

(画像は書影のイメージです。刊行時には若干の変更の可能性があります) 
 

★★ 内藤陽介の最新刊 『パレスチナ現代史 岩のドームの郵便学』 ★★

      パレスチナ現代史・表紙 本体2500円+税

 【出版元より】
 中東100 年の混迷を読み解く! 
 世界遺産、エルサレムの“岩のドーム”に関連した郵便資料分析という独自の視点から、複雑な情勢をわかりやすく解説。郵便学者による待望の通史!

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。 
スポンサーサイト

別窓 | ベルギー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 米独立記念日 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  メキシコ初の左派政権誕生か>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/