FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 きょうからチェコ切手展(+全日展)
2018-07-20 Fri 00:19
 かねてご案内の通り、きょう(20日)から、東京・錦糸町のすみだ産業会館8階で、チェコスロヴァキア独立100周年を記念して、在日チェコ共和国大使館のご後援の下、チェコ切手展(全日本切手展2018=全日展と併催)がスタートします。というわけで、きょうは、チェコ関連の展示の目玉のひとつとして、この切手をご紹介します。(画像はクリックで拡大されます)

      チェコスロヴァキア・プラハ城FDC

 これは、1918年12月18日、チェコスロヴァキア最初の切手“プラハ城”の発行日に、プラハ城切手を貼ってドイツ・ワイマール宛に差し出した書留便で、今回のチェコ切手展に展示されている高久健一さんのコレクションの目玉の逸品です。

 第一次大戦以前、オーストリア=ハンガリー二重帝国の支配下に置かれていたチェコとスロヴァキアは、1918年10月18日、チェコスロヴァキアとして独立を宣言します。当初、新国家はオーストリア時代の切手を接収し、“チェコスロヴァキア共和国”などの文字を上から印刷するなどの暫定的な処置で急場をしのいでいましたが、これと併行して、独立国としてオリジナル・デザインの新切手を発行すべく準備を進めました。

 新国家は自国出身の巨匠であったミュシャ(チェコ語の発音だと“ムハ”)に切手のデザインを依頼。これを受けて、ミュシャは、独立後まもない祖国のためにプラハ城を大きく描き、右手に小さく聖ミクラーシュ教会を配した切手のデザインを無償で作成します。

 ミュシャのデザインした切手は、1918年12月18日、最初の3額面(3ハレル、5ハレル=今回ご紹介のカバーに貼られている切手、10ハレル)が発行されたのを皮切りに、1920年までさまざまな額面のものが発行されました。これが、いわゆる“プラハ城切手”です。

 プラハ城切手は、当時の混乱した状況の中で製造されたことから、一見、同じに見える切手でもさまざまなバラエティに分類することができます。また、当時は、わずか2年5ヶ月の間に3回の郵便料金の値上げがあったため、さまざまな種類の郵便物が残されることになりました。今回、チェコ切手展に招待展示されている高久さんのコレクションは、それらを丹念に分類・研究したもので、これまでにも、2011年に横浜で開催の世界切手展<Philanippon 2011>で金賞を受賞したのをはじめ、世界最高水準のコレクションとして知られています。

 なお、今回のチェコ切手展では、ご来場者先着300名様に、プラハ城切手をおひとり1枚、プレゼントしておりますので、切手もさることながら、“ホンモノのミュシャ”を手に入れてみたいという方はぜひ、会場にお運びください。

 
★★★ 全日本切手展のご案内  ★★★ 

 7月20-22日(金-日) 東京・錦糸町のすみだ産業会館で全日本切手展(全日展)ならびにチェコ切手展が開催されます。主催団体の一つである全日本郵趣連合のサイトのほか、全日本切手展のフェイスブック・サイト(どなたでもご覧になれます)にて、随時、情報をアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

      全日展2018ポスター

 *画像は実行委員会が制作したポスターです。クリックで拡大してご覧ください。

 なお、会期中の21日には、内藤のトーク・イベントが以下の3件あります。
 13:00 【セミナー・9階会議室】 「国際切手展審査員としての経験から テーマティク部門」
 14:30 【講演・8階イベントスペース】 「アウシュヴィッツとチェコを往来した郵便」
 16:00 【新刊紹介8階イベントスペース】 『世界一高価な切手の物語』(東京創元社)


★★★ 近刊予告! ★★★

 えにし書房より、拙著『チェ・ゲバラとキューバ革命』が近日刊行予定です!
 詳細につきましては、今後、このブログでも随時ご案内して参りますので、よろしくお願いします。

      ゲバラ本・仮書影

(画像は書影のイメージです。刊行時には若干の変更の可能性があります) 
 

★★ 内藤陽介の最新刊 『パレスチナ現代史 岩のドームの郵便学』 ★★

      パレスチナ現代史・表紙 本体2500円+税

 【出版元より】
 中東100 年の混迷を読み解く! 
 世界遺産、エルサレムの“岩のドーム”に関連した郵便資料分析という独自の視点から、複雑な情勢をわかりやすく解説。郵便学者による待望の通史!

 本書のご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。 
スポンサーサイト

別窓 | チェコ・スロヴァキア | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<< 本日、トークやります。 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  あすから全日展(+チェコ切手展)>>
この記事のコメント
#2468 切手展伺おうと思ってます。
ミュシャの切手がもらえなくても切手展には行こうと思っていますが、もらえるならもらいたいと思ってます。
そこで教えてください。3日間通しての先着なのでしょうか。日毎の先着なのでしょうか。
いつも動画を楽しみに拝見しています。
2018-07-20 Fri 07:58 | URL | スナフ #C9/gA75Q[ 内容変更] | ∧top | under∨
 スナフ様

 コメントありがとうございます。

 ご質問の件で數が、3日間通しての先着となります。 よろしくお願いいたします。
2018-07-20 Fri 08:17 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#2470 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018-07-21 Sat 07:45 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/