FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 さよならコイズミ
2006-09-25 Mon 00:48
 いよいよ、明日(26日)は『満洲切手』の配本日ですが、まぁ、世間様の関心は、安倍政権の誕生(ものすごく突発的なアクシデントが起これば別ですけど…)に向いているのは間違いないでしょう。

 というわけで、小泉首相さよならスペシャルとして、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

小泉総理と金正日

 これは、2002年9月17日に行われた日朝首脳会談を記念して、同年10月、北朝鮮が発行した小型シートの1種で、小泉首相と金正日総書記が握手する場面が取り上げられています。

 2002年9月、現職総理としてははじめて北朝鮮を公式訪問した小泉首相は、北朝鮮の最高実力者、金正日・朝鮮労働党総書記と会談し、1970~80年代の日本人拉致事件が北朝鮮側の犯行であったことを認めさせ、一部被害者の帰国を実現しました。このことが、日本の対北朝鮮政策においてエポック・メイキングな出来事であったことは誰も否定できないでしょう。

 もっとも、小泉首相は、訪朝時に、日朝国交正常化の前提として、過去の植民地支配に対する“お詫び”や北朝鮮に対する経済支援、相互に安全を脅かす行為を取らないことなどを盛り込んだ平壌宣言に署名しており、その是非について賛否が分かれているのは周知の通りです。

 今回ご紹介している小型シートは、そうした日朝首脳会談の終了を受けて、北朝鮮側が同年10月に発行した2種類の小型シートのうちの1枚です。

 北朝鮮では、2000年に行われた韓国大統領・金大中と金正日との南北頂上会談以来、ロシア大統領プーチンや中国国家主席・江沢民など、国家元首が金正日と会談した場合には、彼ら握手する金正日の写真を図案とする切手を発行しています。したがって、日本の首相は国家元首とほぼ同等であるということからすれば、小泉・金正日切手もそうした先例に従ったものであり、この切手発行も、必ずしも、特殊な出来事とはいえません。

 ただし、これらの切手で注目しておかなければならないのは、金正日との会談を記念する切手とはいっても、会談の当日に発行されるのではなく、会談終了後、しばらく時間が経ってから発行されているという点でしょう。

 これは、おそらく、切手を発行する前に、首脳会談が成功裏に終わったことを確認した後でないと、記念切手も発行できないという彼らのメンタリティによるものと思われます。なにせ、オリンピックについても自国選手が入賞するまで国内ニュースでは放送されないというお国柄ですから、会談が不調に終わったと北朝鮮側が判断すれば、当然のことながら、記念切手なんか発行されるはずがありません。会談当日に撮影した写真を切手の図案としているのも、こうした文脈に沿ったものと考えてよいでしょう。

 なお、この切手は、2002年10月にクアラルンプールで両国外務省による国交正常化のための事務レベル協議が行われる直前に発行されており、北朝鮮側は、切手という国家のメディアを通じて、日本との国交正常化に真剣に取り組む(このことは、日本に対しては、北朝鮮への経済支援をうたった平壌宣言の履行を迫ることと表裏一体です)意図があることを示したものと理解できます。

 同時に、小泉と握手する金正日という図像は、“日本軍国主義”を敵視してきた対日姿勢を転換することを、国民に周知する意図も込められていたと推測することも可能でしょう。

 2002年9月の小泉訪朝をきっかけに、それまで半ばタブー視されていた“北朝鮮”というネタが一挙にマスコミでも取り上げられるようになりました。2001年に『北朝鮮事典』という本を刊行していた僕も、そのおこぼれにあずかるかたちで、一時は毎日テレビのワイドショーで北朝鮮の切手を見せながらお喋りをするという“北朝鮮特需”を体験することができました。

 2001年に発足した小泉政権の金看板は“郵政民営化”でしたから、僕もそっちがらみで少しは仕事が来るかとかなり期待していたのですが、結果はサッパリでしたねぇ。いまだから言いますけど、<解説・戦後記念切手>シリーズの第1作に『濫造・濫発の時代』なんてタイトルをつけて、“現代まで受け継がれてきた戦後郵政の暗部”なんて感じのコピーで売り出そうとしたのも、小泉さんの人気と郵政民営化の話題にあやかろうとしていた面がないわけではありませんでした。

 残念ながら、『濫造・濫発の時代』の売り上げは期待通りとはいきませんでしたが、そのかわりに北朝鮮がらみの仕事はかなり降ってきたので、まぁ、全体の収支としてはなんとかプラスになったというのが、僕にとっての小泉時代5年半の決算ということになりましょうか。
スポンサーサイト

別窓 | 北朝鮮:金正日時代 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< 岸信介がいた頃の満洲地図 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  満洲切手とモンゴル語>>
この記事のコメント
#332 またあのイベントが
あるみたいですね。
2006-09-26 Tue 00:46 | URL | Isaac #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 Isaac様
 例のイベントに出ないかというお誘いのメールが先日来ました。10月17日(火)だそうです。とりあえず、出る予定と返事しておきました。
2006-09-26 Tue 12:04 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/