FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 202年ぶりの太上天皇宣下
2019-05-01 Wed 09:59
 天皇(明仁)陛下の御譲位に伴い、きょう(1日)午前0時、皇太子徳仁親王殿下が皇位を継承されて新天皇となり、明仁陛下は太上天皇(以下、上皇)になられました。新天皇陛下に関連する話題は、これからもちょくちょく取り上げることになると思いますので、きょうのところは、1817年の光格上皇以来、202年ぶりの上皇宣下にちなんで、この切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      持統天皇

 これは、小倉百人一首を題材とした2007年の“ふみの日”切手のうち、日本で最初の上皇となった持統天皇を取り上げた1枚です。耳紙には「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ天の香具山」の歌が印刷されていますが(切手では現代仮名遣いで“ほすちょう”となっているのが、ちと残念です)、ちょうど、これからの時季を思わせるもので、記事として取り上げるタイミングとしても悪くないかなぁとおもいます。

 さて、上皇は譲位により皇位を後継者に譲った天皇の尊号で、中国の皇帝が位を退いた後、“太上皇”と尊称されたことに倣っています。

 日本の皇室で初めて譲位を行ったのは皇極天皇(在位642-45)ですが、この時点では、“大王”が正式の称号であったため、“太上天皇”という称号は存在せず、彼女に関しては“皇祖母尊”という臨時の尊号が設けられました。その後、大宝令において太上天皇の称号が定められたことで、(持統天皇11年/文武天皇元年8月1日:697年8月22日)、持統天皇が文武天皇に譲位し、史上初の上皇になりました。

 日本では、今回、上皇となられた明仁陛下を含め、過去60人の上皇が存在しています。きのう、皇位を継承された今上陛下は第126代天皇ですから、神武天皇など神話上の天皇を除くと、実在が確認されている天皇の半数以上は上皇になられた勘定です。これは、平安時代以降、天皇の崩御が禁忌として回避されるようになり、重態となってから譲位の手続きが行われて上皇の尊号が贈られ、その直後に崩御した例が多かったためです。

 ちなみに、上皇の称号は、当初は退位した天皇が自動的に称しており、特に儀式は行われていませんでした。しかし、薬子の変(810年)で兄の平城上皇と対立した経験を持つ嵯峨天皇が、淳和天皇への譲位後、二重権力の弊害を避けるため、太上天皇を辞退したのに対して、淳和天皇はこれを受け入れず、上皇の称号を宣下したため(実態は奉呈するという感じだったでしょうが)、以後、上皇の地位は天皇から与えられるという形式をとることになりました。


★★ 今さら聞けないチェ・ゲバラ ★★

   今さら聞けない

 5月12日(日) 21:00~  『チェ・ゲバラとキューバ革命』の著者、内藤陽介が、Schooに登場し、ゲバラについてお話しします。(ライブ配信は無料でご視聴頂けます)

 誰もが一度は見たことがある、彼の肖像。
 革命家である彼は、どんな生涯を送ったのでしょうか。
 切手や郵便物から彼の足跡を辿ります。

 詳細は特設サイトをご覧ください。

★★ 内藤陽介の最新刊 『チェ・ゲバラとキューバ革命』 好評発売中!★★

      チェ・ゲバラとキューバ革命 表紙カバー 本体3900円+税
 
 【出版元より】
 盟友フィデル・カストロのバティスタ政権下での登場の背景から、“エルネスト時代”の運命的な出会い、モーターサイクル・ダイアリーズの旅、カストロとの劇的な邂逅、キューバ革命の詳細と広島訪問を含めたゲバラの外遊、国連での伝説的な演説、最期までを郵便資料でたどる。冷戦期、世界各国でのゲバラ関連郵便資料を駆使することで、今まで知られて来なかったゲバラの全貌を明らかする。

 本書のご予約・ご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。
スポンサーサイト




別窓 | 日本:平成 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ホロコースト記念日(ヨム・ハショア) | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  さらば平成>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/