FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 煙草を買いに行って遭難
2020-04-07 Tue 02:39
 フランス南部で暮らす男性が、安い煙草を買うため隣国スペインまで歩いていこうとしたところ、両国にまたがるピレネー山中で遭難。ヘリコプターで救出され、新型コロナウイルス対策の規制に違反により、135ユーロ(約1万6000円)の罰金が科されたそうです。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      スペイン・ピレネー条約300年

 これは、ピレネー山脈をフランス=スペイン間の国境と定めたピレネー条約の締結300年を記念してスペインが発行した切手で、条約締結時に握手するルイ14世(仏)とフェリペ4世(西)を描くタペストリーが取り上げられています。

 ピレネー条約は、1635-59年のフランス・スペイン戦争の講和条約で、両国の間を流れるビダソア川の中州であるフェザント島で締結されました。同条約により、フランスはルシヨン、アルトワ、ルクセンブルク公国の一部とフランドルの一部を手に入れ、ピレネー山脈がスペインとの国境として固定されます。ただし、条約では、ピレネー山脈の北にある“全ての村”がフランス領とされたため、“町”であったリビアはスペインの飛び地とされ、スペインのジローナ州サルダーニャの自治区となりました。

 さて、南仏では多くの人々が、スペインの方が煙草やアルコール類、一部の食品、燃料が安いとして、国境を越えて買いに出かけています。

 今回問題となった男性は、今月4日、フランスのペルピニャンから車でスペイン北部のラジョンケラへ向かったところ、新型ウイルス対策の規則(一般国民の外出は、必要不可欠な理由があり、かつ用事があることを自らが証明する文書を携帯している場合しか認められません)により、検問所で止められました。そこで、男性はピレネー山脈を歩いて越えようとしましたが、小川に落下して道に迷い、緊急当局に連絡。国家憲兵隊ピレネーオリアンタル県山岳警備隊のヘリコプターによって救助され、新型ウイルス対策の規則に違反で罰金が科されました。

 今回の件に関して、山岳警備隊は「もう一度お知らせしておきます。自宅にとどまってください」とツイートし、ウイルス対策の外出規制を遵守するよう、国民に呼びかけています。


★★  内藤陽介の最新刊 『日韓基本条約』 ★★

      日韓基本条約・表紙 本体2000円+税

 出版社からのコメント
 混迷する日韓関係、その原点をあらためて読み直す!
 丁寧に読むといろいろ々発見があります。

 本書のご予約・ご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、本書の目次をご覧いただけるほか、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。 
スポンサーサイト




別窓 | スペイン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 花まつり | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  スコットランド独立宣言700年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/