FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 年賀状の切手
2007-01-02 Tue 00:30
 前にもこのブログで書いたかもしれませんが、“郵便学者”という看板を掲げて生活している関係から、僕は毎年、年賀状には干支にちなんだ切手を取り上げることにしています。

 で、今年の年賀状では、こんな切手を使ってみました。(画像はクリックで拡大されます)

香港年賀1995

 これは、いまから12年前の1995年、英領時代の香港が前回の亥年の年賀切手として発行した4種セットのうちの1枚です。

 今年の7月1日、香港は1997年の“返還”からちょうど10周年を迎えます。僕は1997年の返還にあわせて『切手が語る香港の歴史』という本を出しました。当時としてはそれなりに頑張ったつもりだったのですが、いまから見ると、いろいろと手を入れたい部分も少なからずあります。

 また、同書を刊行したことで、「お前は香港の切手やカバーを集めているのか」といろいろな方に認識していただくことになり、ホントだったら同書で使いたかったような面白いマテリアルを少なからず入手することができました。また、2004年にはそれらを元にA History of Hong Kongという作品を香港で開かれたアジア国際切手展Hong Kong 2004のオープンクラス部門に出品し、部門の最高賞をいただくことができました。

 こうしたこともあって、返還10周年の節目の年である今年は、香港の切手展に出した作品をベースに10年前の本のリニューアル版を作ってみたいと考えています。今回の年賀状の切手も、そうした意図を込めて切手を選んでみたのですが、はたして、この目標が実現できるかどうかは、現時点では神のみぞ知るといったところです。

 なお、例によって、年賀状の投函は年末ぎりぎりになってしまいましたので、まだお手元に届いていない方も多いのではないかと思います。早々に賀状を頂戴した皆様方におかれましては、今しばらくお待ちいただきますよう、伏してお願い申し上げます。
スポンサーサイト

別窓 | 香港:1945~1997 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 赤十字のイノシシ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  謹賀新年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/