fc2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 HAPPY HANUKKAH!
2021-11-29 Mon 00:26
 昨日(28日)の日没から、ユダヤ教の冬の祭礼、ハヌカーが始まりました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)

      イスラエル・ハヌカ―(2014)

 これは、2014年12月16日にイスラエルが発行したハヌカ―の切手で、切手部分にはハヌカーの際に使用される8枝の燭台“ハヌッキーヤ”と少年少女が、タブの部分には、ハヌカ―の際に食べられる伝統菓子のスフガーニーヤー(ジャム入り揚げドーナツ)が描かれています。また、切手とタブの双方には、背景の装飾として、ハヌカ―の遊びで使われるドレイドル(ヘブライ文字の描かれた木製のコマ)のシルエットが描かれています。

 マカバイ戦争中の紀元前164年キスレウ月(ユダヤ歴第9月)25日、マカベア家のユダ(ユダス・マカバイオス)がエルサレム神殿を奪回し、セレウコス朝のアンティオコス4世エピファネスによって汚された神殿を潔め、再びユダヤ教の聖地として奉献しました。ユダス・マカバイオスが神殿に入ったとき、汚されていない聖油は甕一つ、すなわち1日分しか残っていませんでしたが、その聖油は8日間、燃え続けたとされています。

 これを記念して、キスレウ月25日から8日間、毎日1本ずつ蝋燭を灯す“光の祭り”として、ヘブライ語で“奉献”、“奉納”を意味する“ハヌカー”の祭礼が行われるようになりました。ユダヤ教の一般的な燭台としてのメノーラーは7枝(厳密には中央の1本は枝ではないので6枝)ですが、ハヌカーに使用されるハヌッキーヤが8枝(中央の1本を含めると9枝)となっているのは、このためです。

 また、1日分の聖油で8日間、蝋燭が灯ったという故事に加え、イスラエルではハヌカ―はオリーブの収穫後まもない時季の行事となるため、ハヌカーの期間中(8日間)は油を使った料理が作られます。タブに揚げ菓子のスフガーニーヤーが描かれているのは、こうした事情を踏まえてのことです。

 なお、ユダヤ人/ユダヤ教徒とその歴史については、いわゆるユダヤ陰謀論を否定する立場から、拙著『みんな大好き陰謀論』でも詳しくご説明しておりますので、機会がありましたら、ぜひお手に取ってご覧いただけると幸いです。


★ 放送出演・講演・講座などのご案内★

 11月29日(月) 05:00~  おはよう寺ちゃん
 文化放送の「おはよう寺ちゃん」に内藤がコメンテーターとして出演の予定です。番組は早朝5時から9時までの長時間放送ですが、僕の出番は07:48からになります。皆様、よろしくお願いします。

 武蔵野大学のWeb講座 2021年12月1日~2022年2月8日
 「日本の歴史を学びなおす― 近現代編その1 ― 黒船来航」

 12月1日から2月8日まで、計7.5時間(30分×15回)の講座です、お申し込みなどの詳細は、こちらをご覧ください。

 三鷹市生涯学習センター 「宗教と国際政治」 2022年1月10~23日
 国際紛争や諸外国のタイムリーな重大ニュースを取り上げ、その背後にある「宗教」をめぐる諸問題をじっくり解説する講座です。今回は、混迷続くアフガニスタンとその歴史に焦点を当ててお話します。お申し込みは12月11日(土)までで、ご応募多数の場合は抽選になります。詳細はこちらをご覧ください。


★ 『切手でたどる郵便創業150年の歴史 vol.2 戦後編』 11月20日刊行! ★

      切手でたどる郵便創業150年の歴史②表紙 2530円(本体2300円+税)

 明治4年3月1日(1871年4月20日)にわが国の近代郵便が創業され、日本最初の切手が発行されて以来、150年間の歴史を豊富な図版とともにたどる3巻シリーズの第2巻。まずは、1945年の第二次大戦終戦までの時代を扱った第1巻に続き、第二次大戦後の1946年から昭和末の1989年までを扱っています。なお、2022年3月刊行予定の第3巻では平成以降の時代を取り扱う予定です。

 * ご予約・ご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、本書の目次をご覧いただけるほか、アマゾン他、各ネット書店での注文ページにリンクしています。また、主要書店の店頭在庫も確認できます。 

 ★★ 書籍無料ダウンロードを装った違法サイトにご注意ください!★★

 最近、拙著『切手でたどる郵便創業150年の歴史』をPDF化して、無料でダウンロードできるかのように装い、クレジットカード情報を盗み取ろうとする違法サイトの存在が確認されました。

 この種のサイトは多種多様な出版物を無許可で取り扱っているものと思われます。

 内藤および拙著の出版元・販売元ではこのような行為は一切認めておらず、フィッシング詐欺等に巻き込まれる可能性もありますので十分ご注意ください。
スポンサーサイト




別窓 | イスラエル:1994- | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< 切手歳時記:タンチョウ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  スワローズが20年ぶり日本一>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/