fc2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 三の酉
2022-11-28 Mon 07:57
 きょう(28日)は三の酉です。というわけで、鶏に関する切手の中から、この1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

      ウクライナ・ウクライナ軍に栄光あれ(2022・ボロディアンカの鶏)

 これは、2022年10月14日にウクライナが発行した「ウクライナ軍に栄光あれ!」の切手のうち、”ボロディアンカの鶏”を取り上げた1枚です。切手の小さな画面では、一見、”鶏”がわかりづらいので、切手の該当部分をトリミングした画像と、そのもとになったと思しき写真を下に貼っておきます。(写真の出典はこちら

      ウクライナ・ウクライナ軍に栄光あれ(2022・ボロディアンカの鶏・部分)
      ウクライナ・ボロディアンカの鶏(実物)

 キーウから60キロ北にあるボロディアンカは、ことし(2022年)3月、ロシア軍の爆撃を受けて大きな被害を受けましたが、4月初、瓦礫の中から鶏をかたどった陶製のジャグが無傷で回収されて大きな話題となりました。ここから、”ボロディアンカの鶏”はロシアに対する抵抗のシンボルのひとつになりました。

 詳細については、こちらをクリックして、内藤総研サイト内の当該投稿をご覧ください。なお、内藤総研の有料会員の方には、本日夕方以降、記事の全文(一部文面の調整あり)をメルマガとしてお届けする予定です。


★ 放送出演・講演・講座などのご案内 ★

 12月9日(金) 05:00~  おはよう寺ちゃん
 文化放送の「おはよう寺ちゃん」に内藤がコメンテーターとして出演の予定です。番組は早朝5時から8時までの長時間放送ですが、僕の出番は6時からになります。皆様、よろしくお願いします。

 12月24日(土) 13:00~  大英帝国のクリスマス
 英国は、1840年に世界で最初に郵便切手を発行した国で、かつて”日の沈まぬ国”と呼ばれたその広大な領土では、ヴィクトリア女王からエリザベス女王に至るまで、歴代の国王の切手を貼った郵便物が縦横無尽に往来していました。今回は、クリスマスに関する切手・郵便物をピックアップし、それぞれの時代の英国・英領の歴史や社会を読み解きます。お申込などの詳細はこちらをご覧ください。

 よみうりカルチャー 荻窪
 宗教と国際政治 原則毎月第1火曜日 15:30~17:00
 時事解説を中心とした講座です。詳細はこちらをご覧ください。

 武蔵野大学のWeb講座 
 「日本の歴史を学びなおす― 近現代編」と「日本郵便150年の歴史」の2種類の講座をやっています。詳細はこちらをご覧ください。 


★ 『現代日中関係史 第1部 1945-1972』 好評発売中! ★

      現代日中関係史表_第1部

 日本郵趣出版の新レーベル「郵便×歴史シリーズ」の第一弾の企画として、切手という切り口から第二次大戦後の日中関係を読み解く『現代日中関係史』。その第1巻となる本書は、第二次大戦後、わが国が中華人民共和国と国交を樹立(いわゆる国交正常化)する1972年9月以前を取り扱っています。なお、1972年の国交”正常化”以降については、2023年3月に刊行予定の第2巻でまとめる予定です。

 * ご予約・ご注文は版元ドットコムへ。同サイトでは、アマゾン他、各ネット書店での注文ページのリンクがあるほか、主要書店の店頭在庫も確認できます。また、販売元の郵趣サービス社のサイト、スタマガネットの特設サイトサイトでは、本書の内容見本をご覧いただけます。 
スポンサーサイト




別窓 | ウクライナ:ゼレンスキー以降 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ハワイのマウナロア火山、38年ぶり噴火 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  蔣介石の曾孫(蔣経國の孫)、台北市長に>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/