FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 徳山選手の引退
2007-03-16 Fri 02:56
 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級前王者の徳山昌守(本名:洪昌守)選手が引退しました。というわけで、今日はこの1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

徳山

 これは、2002年9月25日に北朝鮮が発行した徳山をたたえる切手の小型シートで、切手部分にはチャンピオン・ベルトをまく徳山が取り上げられています。

 徳山は、1974年9月17日、東京都大田区出身の在日コリアン3世(朝鮮籍)で、東京朝鮮高級学校1年のときからボクシングを始め、1994年9月にプロデビューしました。

 2000年8月27日、世界初挑戦で韓国の曹仁柱を破って王座を奪取。以後、8度の防衛に成功します。 2004年6月28日には9度目の防衛戦で川嶋勝重に敗れて王座から陥落したものの、翌2005年7月18日、川嶋相手に判定勝ちを収めて王座を奪還。2006年2月27日に初防衛に成功しましたが、結果的に、これが現役最後の試合となりました。

 朝鮮籍の世界チャンピオンとして、北朝鮮の労働英雄ならびに人民体育人の称号を得ているほか、国旗勲章第1級も授与されています。また、2001年に北朝鮮を訪問した際には「自分を世界のプロボクシング界の王者に育ててくれた敬愛する金正日将軍に、勝利と忠誠の報告をするために祖国を訪問した。祖国は自分の人生のすべてであり、祖国を愛する自分の拳は、敬愛する金正日将軍が鉄拳にまで育ててくれた祖国の拳である」などの発言をして、帰国後、物議を醸したこともあります。

 シートの右上に描かれているのは、南北合同チームが結成された際などに用いられる“統一旗”で徳山はしばしば試合後、リングでこの旗を振っています。また、トランクスには“ワン・コリア”と刺繍するなど、徳山のボクシングには政治パフォーマンスの色彩が強く、この点では賛否が分かれていました。

 なお、シートの余白部分に印刷されている楽譜は、徳山が入場曲として好んで用いた北朝鮮の「海岸砲兵の歌」だろうと思うのですが、この記事を書いている時点では確認できませんでした。どなたか、詳細をご存じの方はご教示いただけると幸いです。
スポンサーサイト

別窓 | 北朝鮮:金正日時代 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<< 逓信大臣・三木武夫 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  続・外国切手の中の中国:イタリア>>
この記事のコメント
#553 海岸砲兵の歌
こんにちは。
いつもロフトでお世話になってます。
ポチョンボのCDの46集に当該歌が収録されております。
3月3日に朝鮮総聯のデモがありましたが、そのときにこの歌を演奏
しながら行進していました。
徳山選手の引退は非常に残念です。
2007-03-17 Sat 22:15 | URL | 朝鮮中央交通 #n4jaW67w[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

・ひろこ様
 こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

・朝鮮中央交通様
 ホント、まだまだ現役でやれそうなだけに、残念ですよね。
2007-03-21 Wed 00:49 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#616 先生、お久しぶりです
数年前、KOREA部会でお目にかかったmurakiです。
シート地のハングルに「海岸砲兵の歌」とありますので、ご想像のとおりです。
在日韓国・朝鮮人の芸能人・スポーツ人は自分の出自やアイデンティティを明らかにすることはまず無理な時代がつい最近までありました。
その点から言うと、ホン・チャンス氏の政治的パフォーマンスはともかく、彼の言動は時代の変化を感じました。
2007-05-06 Sun 18:27 | URL | muraki #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 muraki様

 こちらこそ、ご無沙汰しております。ご教示ありがとうございました。
 
 ホン・チャンス氏は、基本的にはクレバーな人だと思いますので、在日コリアンとしての本音を話してもらえたら、かなり良い話になるんじゃないかと思います。いずれ、本でも出してくれればよいのですが、まぁ、彼自身よりもメディアの側にいろいろとしがらみがあって難しいかもしれませんね。
2007-05-10 Thu 22:47 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/