内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 香港の昭和通
2007-06-06 Wed 01:46
 太平洋戦争中、日本の香港総督を務めた磯谷廉介が1967年6月6日に亡くなってから、今日でちょうど40年。というわけで、香港における日本の占領行政の一端がうかがえるマテリアルとして、こんなモノを持ってきてみました。(画像はクリックで拡大されます)

香港占領カバー

 これは、日本占領下の1942年6月3日、永安銀行が九龍の顧客宛に差し出したもので、当時の書状基本料金に相当する5銭分の切手が貼られ、香港局の消印が押されています。カバーの裏面には6月4日の九龍局の印が押されており、九龍までは配達されたものの、宛先に尋ねあたらなかったため、そのことを示す“住址不詳”印が押されたのち、“退回原寄局”との印が押されて差出人に返送されました。

 占領行政の開始に伴い、“敵性”とみなされた銀行は容赦なく接収され、清算されましたが、永安銀行は敵性銀行の指定を免れ、1942年2月24日に業務再開を認められました。

 業務の再開後、永安銀行は顧客に対して所在確認の郵便物を大量に差し出しています。これは、日英の戦闘に加え、日本の占領当局による疎散政策もあって、顧客の実態がつかめなくなっていたからと考えられます。

 もともと、香港では生産人口が少なく、住民の多くは、商業を含めて物資の流通に関わって生計を立てていました。しかし、日本軍の占領によって海外との交通は途絶し。香港は流通の拠点としての機能を喪失。日中戦争以来、大量の人口流入が続いていたこともあって(いわゆるホームレスも多く、正確な数字は算出できませんが、日本軍による占領時には“200万になんなんとした”という表現がさかんに用いられています)、占領地香港はその経済力に比して明らかに人口過剰となっていました。このため、総督部は「無為徒食の華人を管外に帰郷せしむる」として、少なくとも2年間で97万3000人の住民を香港から追い出しています。これが、いわゆる人口疎散政策です。

 このカバーの名宛人が元の住所に居住していなかった理由はわかりませんが、当時の状況から考えると、疎散政策のゆえに香港を離れた可能性が高いのではないかと僕は考えています。

 ところで、差出人の永安銀行の住所表示は“東昭和通”となっているが、これは、輔道(デボー・ロード)の日本占領下での名称です。

 日本の占領行政は、戦前のイギリス色を払拭したうえで、「彼らをして日本人となるべきことを要求せず、彼らが真の中国人として更生することを強く要求」し、“皇土・香港”を建設することを根本に掲げていました。その政策の一環として、香港神社・忠霊塔・仏舎利塔の三大建設が計画され(ただし、日本の敗戦により未完に終わった)、1942年4月20日、各地の地名は日本式に改められています。

 永安銀行の住所となっている東昭和通は香港島の心臓部、輔道中(デボー・ロード・セントラル)のことで、当時、ここには数多くの日本企業が進出していました。その主なものだけでも、横浜正金銀行、東京海上火災、服部洋行、朝日新聞、毎日新聞、東洋経済新報、松坂屋…といった具合です。また、総督部や南支那艦隊司令部もここに置かれていました。

 もっとも、日本の総督部は香港の主要な地名を日本的なものに改称したものの、実際に香港の住民たちの生活の中にはそうした新地名は浸透せず、会話などでは、彼らは占領以前の地名を従来どおり使い続けていました。やはり、いくら制度として強制しようとも、人々の意識までをも変えさせることはできないということなのでしょう。

 さて、今月下旬に大修館書店から刊行予定の『香港歴史漫郵記』では、このカバーをはじめ、切手や絵葉書、郵便物を使って、日本占領下の香港の諸相を描いてみました。刊行の暁には、是非、お手にとってご覧いただけると幸いです。
スポンサーサイト

別窓 | 香港:1941~1945 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<< ミッドウェイからの手紙 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  マーシャル・プラン60年>>
この記事のコメント
#704 このカバーの消印が
日本式なのが気になります。また、消印地名が「香港」とだけなっています。徹底的に「日本化」したのでしょうか?
2007-06-06 Wed 16:10 | URL | muraki #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 皆様、コメントありがとうございます。

・muraki様
 香港の場合、日本の直轄植民地に編入されたので本土と同じ切手・消印(厳密には、台湾型の櫛型印ですが)が使われたということになります。占領当局としては、地名の変更など、日本化を進めようとしたものの、結局は出来なかった、というのが実情のようです。

・Dear Christopher,
Thank you for your comment. I hope you'll visit my site again soon.
Regards,
Yosuke NAITO
2007-06-11 Mon 00:54 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#751 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-06-21 Thu 01:12 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/