内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 現役アスリートの切手
2007-08-25 Sat 10:24
 今日(25日)から大阪で陸上の世界選手権(世界陸上)が行われるそうです。今回の世界陸上にあわせて23日に発行された記念切手では、為末大とか室伏広治とか、現役の有名選手が切手に取り上げられて話題になりましたが、 過去にも“現役”のアスリートが日本切手に取り上げられた例はないわけではありません。そのひとつが、この1枚です。(画像はクリックで拡大されます)

世界柔道選手権

 これは、1956年に発行された世界柔道選手権の記念切手で、名人と謳われた三船久蔵が描かれています。

 嘉納治五郎の提唱による国際柔道連盟が設立されたのは、嘉納が亡くなった後の1951年のことでしたが、このIFJが主催する柔道の世界選手権大会の第1回大会は、1956年5月3日、東京の蔵前国技館で開催されました。今回ご紹介の切手は、これを記念して発行されたものです。

 原画の制作に当たって、郵政省のデザイナーであった渡辺三郎は、東京・水道橋の講道館を訪ね、庶務課長の老松信一に取材。資料として三船久蔵が著した柔道のテキスト『道と術』(1954年刊)を借り受け、講道館を見学した上で、同書の中の「大車を施した瞬間」の写真をもとに、1956年1月までに下図を完成させています。

 しかし、この下図は当時の郵務局長・松井一郎(彼自身が熱心な柔道家だった)の決裁を得られなかったため、渡辺は前年末に『朝日新聞』で紹介された柔道映画『神技三船十段』 のなかから“隅落とし(空気投げ)”の技がかかる場面を選び、再度、下図の制作に取り掛かろうとします。しかし、その矢先に渡辺が急病で入院してしまったため、急遽、木村勝が代わりに原画を作成。木村は1月20日に原画を完成し、松井の指示により、三船本人のチェックを受けています。その際、三船からは、①手を修正することと、②彫刻の際にポーズが変わらないよう気をつけること、との注文が付けられたそうです。

 まぁ、1945年に10段になって“柔道の神様”の地位を確立した三船久蔵が、切手発行時も実際に試合をしていたかどうかは別として、前年には柔道映画に出演して技を披露しているわけですから、その意味では、切手発行時にはまだまだ現役のアスリートだったといっても差し支えないでしょう。

 1947年に発行の第2回国体以来、日本でも数多くのスポーツ切手が発行されていますが、郵政のデザイナーたちは基本的にはそれぞれのスポーツの専門家ではないため、実際の競技や練習の場面を取材したり、過去の写真などから原画を作っています。もちろん、今回の世界陸上の切手のように、現役選手の名前を明示するケースは異例ですが、それでも、関係者の回想などから、切手に取り上げられたプレーヤーを特定することが可能なケースも少なくありません。

 それらについては、戦後記念切手の“読む事典”として2001年から刊行している解説・戦後記念切手シリーズでも、できる限り解明していますので、是非、ご覧いただけると幸いです。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:昭和・1952~1960 | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
<< 『郵趣』今月の表紙:イタリアン・ツェッペリン | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  国民は浮かばれない>>
この記事のコメント
 三船ほどの有名人がモデルになっていながら、その存在がクローズアップされない切手というのも面白いですね。これほど左様に生存モデルが目立たなかったのはいったい何なのでしょう。
2007-08-27 Mon 07:14 | URL | muraki #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 muraki様
 この辺の話は『切手』でも書かれていて、秘密でもなんでもないんですけどねぇ。まぁ、郵政省として積極的に何も言わなかったので、だれも問題にしなかったということなのでしょうか。

 切手趣味週間のモデルについては、その時々で話題になっているわけですから、単に、スポーツ選手や男性には、収集家の関心が向かなかったというだけなのかもしれませんけど・・・。
2007-08-27 Mon 12:17 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
生前の人を切手に書かないのは、その人が生存中に犯罪とか不名誉なことをして切手にケチをつけないためと思いますが、今回の世界陸上の切手に描かれてる方は、まだ先も長く、まし何か不祥事をおこしたら切手は回収するんでしょうかねぇ。昔では考えられませんね。
2007-08-27 Mon 20:37 | URL | gambia #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 gambia様
 たしかに、人間の評価は死後も大きく変わることがあるくらいですから、ましてや生前に切手のようなかたちで顕彰してしまうと面倒が多いですよね。それにしても、鳴り物入りで切手に取り上げられた選手たちがそろいも揃ってこの大会では不調なのは、さらし者のような感じで、気の毒な気もします。
2007-09-01 Sat 00:07 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
為末大
為末大為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の陸上競技選手一覧|陸上競技者。広島県立広島皆実高等学校 - 法政大学経済学部卒。身長:170cm/体重:66kg。大学卒業後、大阪ガスに入社したが退社。現在の所属はアジアパートナー …
2007-08-28 Tue 11:19 みおのblog | ∧top | under∨
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/