内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 創業時のドタバタ
2007-10-01 Mon 02:40
 今日から日本の郵便は民営化されます。というわけで、今日はストレートにこの切手を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

龍48文

 これは、明治4年3月1日(1871年4月20日)に日本で最初に発行された切手で、向かい合う2匹の龍が描かれていることから“龍切手”と呼ばれています。

 日本最初の切手に龍が取り上げられた理由については「唾で舐めたり消印を押したりする切手に天皇の“ご尊顔”を印刷するのは畏れ多いので、代わりに天子の象徴として龍を取り上げた」という説明がしばしばなされていますが、これは事実と異なります。

 そもそも、日本最初の切手には裏糊はついていません。したがって、裏側を舐めるモノに“ご尊顔”を印刷するのは不敬という発想は、成り立つ余地がありません。

 次に、消印についてですが、実は、前島密(日本の郵便創業の父)が切手を導入することを決意した時、彼は切手の再使用防止の手段として消印を押すということがあることを知りませんでした。それゆえ、彼は薄くて破れやすい紙に印刷すれば、いったん封筒に貼った切手をはがそうとしても、破れて再使用ができなくなるはずだ、と考えていました。もちろん、郵便創業までの間に、彼は消印という手段があることを知り、日本の郵便は創業時から消印を使っているのですが、そういう有様ですから、最初の切手の発行を企画していた段階では、“ご尊顔”が消印で汚れるということは、前島ら関係者にとってはまったくの想定外でした。

 実は、日本最初の切手のデザインが龍になったのは、より実務的な理由によるものと考えるのが自然なようです。

 明治3年11月、大蔵省は京都の銅版業者、2代目玄々堂・松田敦朝に切手の製造を発注しました。その枚数は、50文切手8万枚、100文切手14万枚、200文切手14万枚、500文切手7万枚の、計43万枚です。さらに、年が明けて明治4年1月25日には、各額面同数ずつの追加発注が行われています。

 これを受けて、松田は、明治4年3月1日の郵便創業に間に合わせるべく、86万枚もの切手の原版彫刻(シートの1枚1枚が全て手作業で彫刻された)と印刷を完了しました。これらの切手は2月中には開業予定の東海道筋65ヶ所の郵便役所・取扱所に配給され、開業1週間前の2月24日から発売が開始された。

 当時の技術水準で、このような突貫作業をこなすためには、新たにオリジナルのデザインを作り、原版の彫刻を行うのは非現実的なことでした。このため、松田側は、彼らがそれまでに製造していた太政官札や民部省札で用いていた龍のデザインを採用したのだと推測されます。実際、太政官札や民部省札に描かれている龍の姿や構図は、切手の龍と酷似しています。

 当時、松田の作った太政官札は多数の偽札が作られ、政府当局を悩ませていました。それにもかかわらず、太政官札と同様の龍のデザインが切手にも採用されたのは、やはり、ともかくも明治4年3月1日の郵便創業に切手を間に合わせることを最優先した結果だったと考えるのが自然でしょう。言い換えるなら、前島密をはじめとする関係者には、切手のデザインとして天皇なり皇室なりを全く意識する余裕さえなかったのが実情だったのではないかと思います。

 さて、今回の郵政民営化に際して、現場では処理しなければならないことが多すぎて、細かいところでは積み残しの案件も少なからずあるものの、ともかくも、今日の新体制発足にこぎつけたという話がちらほら聞こえてきています。まぁ、今も昔も、何か大きなプロジェクトを始めるときには、余裕を持って始めたつもりでも、結局、直前になるとドタバタと慌てふためいてしまうのが人間というものなんでしょうか。

 なお、明治時代の切手と皇室の関係については、拙著『皇室切手』でもいろいろと説明していますので、ぜひご一読いただけると幸いです。
スポンサーサイト

別窓 | 日本:明治 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<< 現代の朝貢 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  チェンマイ・ソーセージ>>
この記事のコメント
#1015 新しい有価証券
を誕生させる意識が、前島達の中にあったんでしょうね。それが、紙幣デザインの流用になったんでしょう。切手が郵便料金の証書という基本的な事を考えると当たり前ですが。

 先日ある郵便局に行きましたら、事務スペースの壁に前島密の写真が飾ってありました。それが10月1日の郵政民営化開始初日でしたので、創業時の前島密の苦労を考えるのと同時に、彼が今生きていたら、今の状況をどう見るのだろうと思いました。
2007-10-02 Tue 07:57 | URL | muraki #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 muraki様
 大蔵官僚だった前島密が官営郵便事業の創設を思いついた最大の動機は、コスト削減ですからねぇ。案外、小泉改革のような路線というのは、彼にとってはウマが合うものなのかもしれないと思ってみたりもします。
2007-10-05 Fri 01:54 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/