内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 祝・内藤選手勝利
2007-10-12 Fri 10:37
 本日(12日)20:00~21:00、CS(衛星放送)の日本文化チャンネル桜で放送の「報道ワイド・日本フライデー」に出演します(視聴方法などはこちらをご覧ください)。よろしかったら、ご覧いただけると幸いです。

 さて、ボクシングの世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチは、内藤大助選手が初防衛を果たしました。格下相手(同級14位)の試合とはいえ、“内藤・勝利”のニュースは、僕にとってはめでたい限りです。今後、内藤選手は12月にタイで前王者ポンサクレックと戦うことになる予定だそうです。というわけで、今日はタイのボクシング、すなわちムエタイがらみの1枚を持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

ムエタイ

 これは、1966年に発行されたムエタイの切手で、ムエタイを取り上げたものとしては最初の1枚になります。

 ムエタイのルーツは必ずしもはっきりしませんが、おそらく、戦闘における素手での格闘が競技としてまとめられたものとみてよいでしょう。1548年頃、アユタヤ王朝のナレースワン大王はビルマとの戦争にたたかって勝利を収めましたが、その際、タイの戦士によるムエタイが大きな役割を果たしたといわれています。

 1767年、アユタヤ王朝はビルマによって滅ぼされますが、このとき、捕虜となったナヒ・カノム・トムは、ビルマ王の奴隷としてビルマの拳法家と戦って勝利を収め、解放されたというエピソードもあります。

 その後、ムエタイは各地で盛んに行われていましたが、決闘がしばしば行われて死者も続出したことから、ラタナコーシン王朝はムエタイを禁止し、その歴史は一時途絶しました。

 しかし、1921年、第一次大戦後の財政難の中で、国王ラーマ6世が増収策の一環としてムエタイのトーナメントを開催し、ムエタイは復活します。このときから、試合はボクシングのリング上で行われ、時間をはかり、レフェリーが置かれるなど、スポーツとしての体裁が整えられました。これが、現在の近代ムエタイの直接のルールです。

 西洋のボクシングにならったグラブが使われるようになったのは1929年のことで、それ以前は、拳の保護のために紐が巻かれているだけでした。今回ご紹介の切手では、選手はテーピングをしているだけで、グラブをつけていません。おそらく、実際の試合というよりも演舞をイメージしてデザインが制作されたためでしょう。

 今回の切手をよく見てみると、選手は頭に鉢巻のようなものを巻いているのがお分かりいただけると思います。これはモンコンと呼ばれる戦いのお守りで、選手のランクによって色が決められており、本来は、試合の際には外されます。また、腕にも紐のようなものが巻きつけられていますが、これもパープラチアットと呼ばれるお守りです。

 ムエタイの技は、頭・両拳・両肘・両膝・両脚(脛・踝・足の甲)の9つの部分を使って繰り出され、108種類あり、①頭や額で突くもの、②拳で殴るもの、③肘で突くもの、④膝で突くもの、⑤脚で蹴り、踏み、挟むもの、に大別されます。

 ムエタイの試合では、通常のボクシングでいう“クリンチ”の状態が多いのですが、これは、ムエタイ独自の技を相手にかける必要からやむをえざる面があるためで、必ずしも観客のブーイングを呼ぶものではありません。とはいえ、昨日(11日)の試合のように、挑戦者が自棄になってチャンピオンを投げ飛ばすようなことをやらかせば、それはムエタイでもはげしいブーイングの対象になるわけですが…。

 さて、11月2~4日の<JAPEX>にあわせて刊行予定の拙著『タイ三都周郵記』の制作作業もいよいよ大詰めにさしかかってきました。ムエタイの聖地、ラーチャダムヌーン・ボクシング・スタジアムをはじめ、バンコクのさまざまな見所を切手でたどる「曼谷三十六景」なる一章も設けてみましたので、刊行の暁には、ぜひ、お手にとってご覧いただけると幸いです。
スポンサーサイト

別窓 | タイ:ラーマ9世時代 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<< ノーベル平和賞と温暖化問題 | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  “チャンネル桜”に出ます>>
この記事のコメント
#1050 タイを象徴する格闘技
 幕内郷土力士の白星しか気にならず、格闘技などまったく無知の私ですので、今回テーマについて行くため早速Wikipetiaで「ムエタイ」を調べてみました。
 どうも、ムエタイは庶民的には掛けの対象になっているので、選手は日本の格闘家ほど社会的地位が高くなく、むしろ低く見られる傾向があるようです。(国王ラーマ6世が増収策として行ったのも、「公営賭博」としての発想だったとすれば、理解できます。)
 しかし、タイの富裕層の学生が海外留学すると、ムエタイの経験を問われたので改めて習うこともあるようです。かつて、日本人男性が海外へ行くと、「空手」や「柔道」の経験を聞かれたそうですので、その国を代表する格闘技というものは、影響が大きいものだと思います。
2007-10-15 Mon 09:32 | URL | muraki #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
 muraki様
 僕も格闘技の類はほとんど興味がないのですが、好きな人は好きですからねぇ。海外旅行中、空手の真似をしてみろと言われて閉口したことが何度かあります。
2007-10-22 Mon 13:55 | URL | 内藤陽介 #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
#1825 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010-09-17 Fri 18:01 | | #[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/