内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 <JAPEX>開催御礼
2007-11-05 Mon 00:09
 おかげ様で、第42回全国切手展<JAPEX07>は昨日(4日)をもって無事、終了いたしました。 今回の<JAPEX>では、外国郵便・“25”・タイ切手展・日本切手の銘版・マーチン・シリーズの5大特別展示をはじめ、見ごたえのある競争出品作品が多数並び、ご参観者の皆様にもご満足いただけたものと思います。 これもひとえに、皆様のご支援・ご協力の賜物です。実行委員長として、この場を借りて厚くお礼申し上げます。

 というわけで、今日は“お礼”の意味を込めて、こんなものを持ってきてみました。(以下、画像はクリックで拡大されます)

ワイクルー

 これは、1975年にタイで発行されたムエタイの切手のうち、“ワイクルー”を取り上げた5バーツ切手です。(ムエタイについては、以前の記事をご覧ください)

 日本では、ムエタイの“試合の前の踊り”というイメージが強い“ワイクルー”ですが、もともとは“教師に合掌する”もしくは“教師に礼を示す”という意味の言葉です。実際、タイでは毎年6月16日を“ワイクルーの日”として、学校では生徒が教師に対して感謝・尊敬を示す日となっており、ムエタイに限って使われるものではありません。

 ムエタイの試合の前に行われる“ワイクルー”も、本来はそうした意味を持つもので、“教師”に相当するコーチやトレーナーに礼を示し、自分の闘争心を高めるとともに、また戦いの神に無事と勝利を祈るためのものです。もっとも、実際には試合前のウォーミング・アップといった面が強いようですが…。

 なお、いよいよ明日(6日)、拙著『タイ三都周郵記』が一般書店への配本となります。すでに<JAPEX>会場でお買い上げいただいた方々は勿論、書店の店頭でお手に取っていただいた方を拝見すると、その場で、僕の感謝の気持ちを示すためにワイクルーを踊ってさしあげたい気分になるのですが、いきなり、ヒゲ面の中年男が目の前でクネクネとやりだしたら、おそらく気色悪いだけでしょうから、心の中でそっと手を合わせるだけにしておこうかと思います。
スポンサーサイト

別窓 | タイ:ラーマ9世時代 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ブタかネズミか | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  25万ヒット>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/