内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 VJ-DAY
2005-09-02 Fri 11:08
 日本人の間では、いわゆる太平洋戦争の終戦の日は玉音放送のあった8月15日という認識が一般的ですが、世界的には、東京湾に停泊中のミズーリ号上で降伏文書が調印された9月2日を対日戦争の終結の日と考えている国がほとんどです。

 さて、その降伏文書調印の当日に、ミズーリ号の中に設けられていた郵便局で押された消印をご紹介しましょう。

ミズーリの消印

 消印には、ミズーリの文字と東京湾停泊中を示す“TOKYO BAY”の文字、さらに、“JAPANESE FORMAL SURRENDER(日本の正式な降伏)”の文字が入っています。貼られているアメリカの切手は、戦時中に発行された戦意高揚宣伝の切手で、翼をV字型にした鷲(アメリカの国鳥)と“WIN THE WAR(戦争に勝とう)”のスローガンが入っています。戦争の勝利を記念するためのスタンプを押すには、うってつけの切手といってよいでしょう。

 8月26日の記事 では、ミズーリ号上での風景を描いた中国の切手(降伏文書の調印に参加していない中国共産党がこうした切手を発行するのはいかがなものか、と僕は思いますが)を取り上げましたが、あそこに描かれている鈴なりの兵士たちの中には、当日、ミズーリの中に設けられた郵便局に行って、記念スタンプを押した人たちが少なからずいたわけです。もしかすると、今日ご紹介しているマテリアルを差し出した人の姿が写っているのかもしれないのですが…まぁ、確認するのはまず無理でしょうね。
スポンサーサイト

別窓 | 米国:1901~1945 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< ルイジアナ | 郵便学者・内藤陽介のブログ |  不発行の絵葉書>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/