FC2ブログ
内藤陽介 Yosuke NAITO
http://yosukenaito.blog40.fc2.com/
World Wide Weblog
 香港切手展の展示より(2)
2007-06-28 Thu 09:20
 昨日に引き続き、今週末の30日から、東京・目白の切手の博物館特設会場にて開催の「香港返還10周年記念・香港切手展 香港歴史漫郵記」(登録審査員によるワンフレーム展と併催)の展示品の中から、こんなマテリアルをご紹介いたします。(画像はクリックで拡大されます)

香港黒塗りカバー

 これは、日本占領下の1943年3月、香港から桂林宛に差し出されたカバーで、日本軍による香港占領に抗議して、中国側に渡った時点で、貼られている日本切手(東郷平八郎の5銭切手)が黒く塗りつぶされています。

 消印の局名は読めませんが、差出人の蔡天普が差し出した郵便物には九龍塘の消印のモノが多いといわれているので、あるいは、このカバーもそうかもしれません。日付のほうは、スキャンで上手く出ているかどうかは微妙ですが、活字の痕跡がなんとか見えますので、昭和18年3月27日と特定できます。

 中国がらみで黒塗りの郵便物というと、満洲国に絡むものが有名ですが(こちらについては、いずれこのブログでもご紹介しますが、とりあえずは拙著『満洲切手』をご覧いただけると幸いです)、こちらは、満洲国の場合と違って、黒塗りにされた切手は無効とはされず、受取人から不足料等は徴収されていません。いずれにせよ、当時の中国人の“抗日”の意思が強く伝わってくるマテリアルではあります。

 あさって30日からスタートの「香港返還10周年記念・香港切手展 香港歴史漫郵記」では、今回の郵便物のほかにも、日本占領時代の香港のマテリアルをいくつか展示しています。是非、会場で実物をご覧いただけると幸いです。
 
 また、今日ご紹介のカバーについては、このたび大修館書店から刊行の拙著『香港歴史漫郵記』でもいろいろと書いてみましたので、こちらもあわせてご覧いただけると幸いです。

 【展覧会のご案内】
 6月30日・7月1日(土・日)の両日、 東京・目白の切手の博物館特設会場にて、拙著『香港歴史漫郵記』の刊行にあわせて「香港返還10周年記念・香港切手展 香港歴史漫郵記」を開催(登録審査員によるワンフレーム展と併催)いたします。

 展示内容は2004年のアジア国際切手展のオープンクラスに出品して部門最高賞のExcellentメダルを受賞した僕のコレクション、A HISTORY OF HONG KONGと返還以降2006年末までに発行された中国香港切手が中心です。

 入場は無料。時間は両日ともに10:30-17:00で、両日ともに14:30から展示解説を行うほか、先着300名様に英領時代の香港切手をプレゼントしますので、是非、遊びに来てください。
別窓 | 香港:1941~1945 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 磯風さんの兄弟カバー
2007-06-13 Wed 00:59
 今月下旬の拙著『香港歴史漫郵記』の刊行(版元の近刊案内はこちら)にあわせて、友人の磯風さんがご自身のブログ軍事郵便保存会・関西事務局員の日記で“香港祭り”をやってくださっていることは、以前の記事でもご紹介したとおりです。その磯風さんの昨日の記事で、「今度、内藤先生がお出しになられる本にも詳しく解説されると思います」と話を振られてしまいましたので、微力ながら、それにお応えしようとこんなモノを持ってきました。(画像はクリックで拡大されます)

香港20銭カバー

 これは、太平洋戦争中の1942年6月27日、日本軍占領下の香港・赤柱の民間人抑留所に収容されていた女性がシドニーの香港政庁連絡事務所気付でオーストラリアに避難していた知人宛に差し出したカバー(郵便物)です。

 このカバーの郵便史的な説明については、磯風さんの記事が要領よくまとめられているので、ちょっとコピペして貼り付けてみます。

 香港での連合国サイドの捕虜、及び抑留者がマカオ以外に手紙を出す事が許可されたのは、昭和17年の中立国ポルトガル領・モザンピークで行われた外交官交換でした。この交換船は3隻で横浜を6月26日に出港、神戸、上海、ホンコンと巡航して各地の敵国外交官と一般人を乗せ、捕虜や抑留者差出の手紙も運びました。
 このカヴァー(磯風さんのブログの画像です)は、アメリカ経由イギリス宛で、当時の外信封書料金20銭が貼られ、香港局で抹消されています。日付は、昭和17年6月27日で、現在、見つかっているこの兄弟カヴァーは全て同じ日付けです。
 日本側の検閲はカヴァーには確認されてませんが、イギリスとアメリカの双方の検閲が入っているのがこのカヴァーの特徴です。
 本来、捕虜や抑留者差出の手紙は無料のはずなのですが、何故かこの時の郵便物に限っては、全てに20銭切手を貼った有料便として扱われています。(引用終わり)

 さて、今回の『香港歴史漫郵記』では、僕は、自分のカバーの受取人と差出人に注目して、磯風さんとはちょっと違った角度から取り上げてみました。

 ヨーロッパではすでに戦争が始まっていた1940年6月、香港政庁は香港在住のヨーロッパ人の女性と子供をオーストラリアへ避難させるよう、住民に命じました。“敵国”(名指しこそないものの、それが日本を意味することは明白でした)から攻撃を受け、香港が戦場となる可能性が高まっていると判断したからです。

 特に、1940年9月、日本軍が北部仏印に進駐し、アメリカを仮想敵国とする日独伊三国軍事同盟を結ぶと、日本と連合諸国の関係は一挙に悪化し、香港社会の緊張も一挙に高まっていきました。市街地の重要なビルには土嚢が積み上げられ、天星小輪の船着場にはおびただしい数の砲台が並べられました。また、灯火管制の演習は頻度を増し、街頭の新聞スタンドの売り子は「我々は最後の血の一滴まで香港を守ってみせる」と豪語。根も葉もない噂に注意しようとの香港政庁のキャンペーンが展開され、それをもじって「不確かな情報は国家を危機に追いやる。代わりに、タイガー・ビールについて話をしよう」という広告がいたるところで見られるようになったのもこの頃のことです。

 その一方で、1940年から1941年にかけての香港社会には、日本軍がまさか香港を攻撃するはずがないという根拠のない楽観論が満ち溢れていました。当時の香港の不思議な戦時バブルについては、以前の記事でもちょっとご紹介したとおりですが、じっさい、香港政庁が欧米系の全婦女子に香港島からの避難を命じた後も、彼女たちのうちの900人は何かと口実をつけて、日英開戦まで香港に居残り続けています。

 その結果、香港政庁の退避命令を無視して香港内に留まっていた婦女子は、日英開戦とともに日本軍に抑留されてしまいます。その結果、このカバーでは、香港政庁の指示に従ってオーストラリアに避難していた名宛人と差出人の明暗が分かれることになりました。

 なお、このカバーはオーストラリア宛でアメリカ経由ではないのですが、米軍の検閲を受けた後、オーストラリア当局の検閲を受けています。これは連合国側が対日反攻の陣容を整えて、オーストリアに脱出したマッカーサーを最高司令官とする南西太平洋軍がメルボルンで組織されたことを受けて、カバーがオーストラリアに陸揚げされた後、南西太平洋軍の開封・検閲を受けて封緘紙を貼られた後、再度、オーストラリア当局の開封・検閲を受けたためであろうと考えられます。

 それにしても、突如矛先がこっちに向いてくると、ちょっとビックリしてしまいますから、磯風さん、どうかお手柔らかにお願いしますね。
別窓 | 香港:1941~1945 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
 香港の昭和通
2007-06-06 Wed 01:46
 太平洋戦争中、日本の香港総督を務めた磯谷廉介が1967年6月6日に亡くなってから、今日でちょうど40年。というわけで、香港における日本の占領行政の一端がうかがえるマテリアルとして、こんなモノを持ってきてみました。(画像はクリックで拡大されます)

香港占領カバー

 これは、日本占領下の1942年6月3日、永安銀行が九龍の顧客宛に差し出したもので、当時の書状基本料金に相当する5銭分の切手が貼られ、香港局の消印が押されています。カバーの裏面には6月4日の九龍局の印が押されており、九龍までは配達されたものの、宛先に尋ねあたらなかったため、そのことを示す“住址不詳”印が押されたのち、“退回原寄局”との印が押されて差出人に返送されました。

 占領行政の開始に伴い、“敵性”とみなされた銀行は容赦なく接収され、清算されましたが、永安銀行は敵性銀行の指定を免れ、1942年2月24日に業務再開を認められました。

 業務の再開後、永安銀行は顧客に対して所在確認の郵便物を大量に差し出しています。これは、日英の戦闘に加え、日本の占領当局による疎散政策もあって、顧客の実態がつかめなくなっていたからと考えられます。

 もともと、香港では生産人口が少なく、住民の多くは、商業を含めて物資の流通に関わって生計を立てていました。しかし、日本軍の占領によって海外との交通は途絶し。香港は流通の拠点としての機能を喪失。日中戦争以来、大量の人口流入が続いていたこともあって(いわゆるホームレスも多く、正確な数字は算出できませんが、日本軍による占領時には“200万になんなんとした”という表現がさかんに用いられています)、占領地香港はその経済力に比して明らかに人口過剰となっていました。このため、総督部は「無為徒食の華人を管外に帰郷せしむる」として、少なくとも2年間で97万3000人の住民を香港から追い出しています。これが、いわゆる人口疎散政策です。

 このカバーの名宛人が元の住所に居住していなかった理由はわかりませんが、当時の状況から考えると、疎散政策のゆえに香港を離れた可能性が高いのではないかと僕は考えています。

 ところで、差出人の永安銀行の住所表示は“東昭和通”となっているが、これは、輔道(デボー・ロード)の日本占領下での名称です。

 日本の占領行政は、戦前のイギリス色を払拭したうえで、「彼らをして日本人となるべきことを要求せず、彼らが真の中国人として更生することを強く要求」し、“皇土・香港”を建設することを根本に掲げていました。その政策の一環として、香港神社・忠霊塔・仏舎利塔の三大建設が計画され(ただし、日本の敗戦により未完に終わった)、1942年4月20日、各地の地名は日本式に改められています。

 永安銀行の住所となっている東昭和通は香港島の心臓部、輔道中(デボー・ロード・セントラル)のことで、当時、ここには数多くの日本企業が進出していました。その主なものだけでも、横浜正金銀行、東京海上火災、服部洋行、朝日新聞、毎日新聞、東洋経済新報、松坂屋…といった具合です。また、総督部や南支那艦隊司令部もここに置かれていました。

 もっとも、日本の総督部は香港の主要な地名を日本的なものに改称したものの、実際に香港の住民たちの生活の中にはそうした新地名は浸透せず、会話などでは、彼らは占領以前の地名を従来どおり使い続けていました。やはり、いくら制度として強制しようとも、人々の意識までをも変えさせることはできないということなのでしょう。

 さて、今月下旬に大修館書店から刊行予定の『香港歴史漫郵記』では、このカバーをはじめ、切手や絵葉書、郵便物を使って、日本占領下の香港の諸相を描いてみました。刊行の暁には、是非、お手にとってご覧いただけると幸いです。
別窓 | 香港:1941~1945 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
 九龍の時計塔
2006-06-10 Sat 22:42
 今日は“時の記念日”。というわけで、時や時計に関連するマテリアルということで、こんなモノを引っ張り出してきてみました。(画像はクリックで拡大されます)

香港のタトウ

 これは、1942年12月8日、“大東亜戦争”の開戦1周年を記念して日本の香港占領地総督部が発行した記念絵葉書のタトウです。

 1941年12月8日の日英開戦とともに、日本軍は香港攻略作戦を開始し、同25日のクリスマスまでのわずか18日で英領香港の全域を占領下に置きました。翌1942年1月19日には、香港上海銀行(HKSB)の本店に総督部が設置され、日本軍による香港の占領行政が本格的にスタートしています。

 さて、今回ご紹介しているタトウには、日本占領時代の九龍側から香港島を臨んだ風景が描かれています。

 まず、目に入ってくるのが手前の旧九龍駅の時計塔です。時計塔は、九龍駅が移転した現在でも、スターフェリーコンコース近くにありますが、赤レンガと花崗岩でできた独特の外観で特徴的です。ただ、タトウの絵は、ちょっと“赤レンガ”を強調しすぎているような気がしないでもありません。なお、周囲の木々が生い茂っている辺りは、現在では巨大なカルチャーセンターが建っていて、当時とは随分様変わりしています。

 対岸の香港島では、当時、日本の総督部が置かれていた旧HKSBビルの上にしっかりと日章旗が掲げられているのが見えます。旧HKSBビルが香港で一番大きなビルだった時代ですので、こちらの景観は現在とはかなり違っています。九龍側から見た香港島の建物のシルエットは、タトウに押されている特印(記念スタンプ)にも描かれていますが、こちらは、HKSBビルこそ特定できるものの、その他の建物についてはかなり簡略化されています。

 それにしても、このタトウの絵、とってもいい感じですよね。もちろん、戦時下・占領下の香港の人々の生活が大変だったことは十分、理解しているつもりですが、自分自身の中に、単純素朴にこういうレトロな雰囲気にあこがれる気持ちがあることは否定できません。

 2年前(2004年)にFIAPのアジア展で久しぶりに香港に行った時、香港の“中国化”が物凄く進んでいて、なんとも言えず悲しい気分になったときのことを思い出しました。来年(2007年)は、香港の“返還”からちょうど10年。これを機に、以前の拙著『切手が語る香港の歴史』に手を入れて、英領時代の香港を懐かしむような本を作りたいのですが、どこか乗ってくれる版元さんはないでしょうかねぇ。

別窓 | 香港:1941~1945 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
 香港と軍票
2005-06-06 Mon 00:56
 この数週間、抱え込んで難儀していた『歴史群像』の仕事が、ようやく、片付きそうです。今回のお題は軍票。19世紀のヨーロッパの話を冒頭に紹介した後、日本に関しては西郷札から太平洋戦争までを概観する内容です。その中から、切手の背景にも深く関係するところで、香港の話を簡単にまとめて書いてみることにします。

 第二次大戦中、日本軍の占領下に置かれていた香港では、住民は日本の軍票を使うことが強制され、香港ドルは所有さえしてはならないということになっていました。

 日本の戦争が中国大陸にとどまっていた時期は、日本軍は各種の工作(大雑把にいえば、一種の“通貨介入”が中心になります)を行い、中国国民政府の通貨である法幣に対して軍票の価値を維持しようとしていました。しかし、戦時インフレの進行により、日本側は大陸での軍票の価値維持工作を断念。1943年3月いっぱいで、中国の華中・華南地区での軍票の使用を取りやめました。

 その後、中国大陸で使われなくなった大量の軍票は、そのまま、香港に流れ込みます。太平洋戦争開戦後の占領地域では、中国大陸と違い、日本軍は軍票の価値を維持するための工作を全く行いませんでした。このため、ただでさえ、占領下の戦時インフレに悩んでいた香港では、猛烈なハイパー・インフレが発生します。その結果、たとえば、郵便料金一つとっても、1942年の占領当初には封書の基本料金は4銭でしたが、1945年4月には3円にまで暴騰してしまいます。このため、急いで郵便料金に相当する切手を発行しなければならなくなった占領当局は、日本から持ち込んだ切手に新料金に相当する金額と“暫定”ならびに“香港総督部”の文字を加刷(すでに発行されている切手の上から文字などを印刷すること)した切手を発行しました。

香港占領

 今回、ご紹介しているのは、その加刷切手が実際に貼られたカバー(封筒)です。戦争末期の1945年7月30日、香港から上海の赤十字国際委員会宛に差し出されたものです。同封されていた手紙の使用言語や名宛人の国籍が明記されているのは、防諜上の理由から、そのような記載が義務づけられていたためです。

 さて、香港の軍票は、日本の敗戦により一文の価値もない紙屑となりました。これに対して、占領下で軍票の使用を強要されていた香港住民の一部は、戦後、日本政府に補償を求める訴訟を起こしていますが、最高裁で住民敗訴の判決が確定しています。

 今回の仕事では、軍票がお題ということで、香港のインフレを物語るこのカバーを記事に登場させる余裕はありませんでした。ただ、仕事の副産物として、いままで、なんとなくあやふやに分かったつもりになっていたこのカバーや加刷切手の背景について、一応の知識を整理することができたのは、それなりの収穫だったと思います。

 今日の文章は、その記録の意味で書いてみました。
別窓 | 香港:1941~1945 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
BACK | 郵便学者・内藤陽介のブログ |
copyright © 2006 郵便学者・内藤陽介のブログ all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/